2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆ 動物霊 ☆    其ノ四 (再)

1 :真由美:2007/09/12(水) 09:56:30 ID:80aALxq30
動物の霊は、人間と同様に
死後、不成仏霊となりさまざまな霊障を引き起こすことがあります。
 
 

2 :真由美:2007/09/12(水) 09:58:09 ID:80aALxq30
前スレ

☆ 動物霊 ☆
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1116151530/
☆ 動物霊 ☆    其ノ二
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1144001060/
☆ 動物霊 ☆    其ノ三
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1175427208/
☆ 動物霊 ☆    其ノ四
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1189049100/


3 :黒ムツさん:2007/09/12(水) 11:57:08 ID:jmECAznY0
去年飼っていた猫が病気で死んだ。
今年の春いろいろな偶然が重なってメス猫を拾った。
もう7ヶ月になるのだが、殆ど鳴いた事がなくて
たまに鳴いても殆どかすれ声で心配で病院に連れて行ったほど。
なのに最近「お前はもしかして○○(前に飼っていた猫の名前)の生まれ変わりか?」
と聞いた時だけはっきりと大きな声で「にゃー」となく。
偶然なのか、本当なのか。何だかちょっと嬉しいような、怖いような・・・


4 :黒ムツさん:2007/09/13(木) 19:32:03 ID:P8tR9XQ70
http://www.operaou.com/image/cmail/rei0204.gif

5 :黒ムツさん:2007/09/14(金) 00:26:34 ID:A6c9U//GO
3

泣いた。
とても可愛いがっていたんですね。

涙止まんないよ

6 :黒ムツさん:2007/09/14(金) 23:04:21 ID:6UHUXCai0
 

7 :黒ムツさん:2007/09/14(金) 23:19:51 ID:VCMq70ge0
漏れは子猫の霊に、助けてもらったことがある。

以前住んでいた家が、どうも霊道だったみたいで、ふすまの開け閉め音や、
しゃがみこんで覗いて行く奴とか、無害だけどいっぱい出てきていた。
そのうち、性質が悪く、壁からすり抜けて入ってきて(二階なので、外は空中)
寝ている俺に、すごい重さでのしかかる真っ黒い影のようなような奴が出た。
マジにやばいとはっきり自覚(覚醒していたので、うつ伏せの自分の前に
そいつが手をついてるのもわかった)した時、足元で、猫のすごい威嚇の声
「フウゥーウ、キシャーッ!!」という声がはっきり聞こえた。

その瞬間、影のような奴は消滅し、重さも消え、動けるようになった。



8 :黒ムツさん:2007/09/14(金) 23:20:01 ID:VCMq70ge0
もちろん、猫は一匹もその時は飼っていなかった。

更に遡って、もう助からないとわかってるほど弱った子猫を拾ってきたことがあった。
数日の命だったけど、息を引き取る間際、漏れの夢の中で、寝かせていたダンボール箱
から、ひらりと出てきて、足にしがみついてきた。

それから、足元にずっと寄り添っているんだと思っていた。
その子が助けてくれたんだと、すぐにわかって、涙が出てきた。そう言う話。

長文ゴメン。読んでくれた人、アリガト。



9 :黒ムツさん:2007/09/14(金) 23:37:57 ID:gMPnjtal0
>>7-8
・゜・(ノД‘)・゜・。
まじで泣けた。


10 :黒ムツさん:2007/09/16(日) 07:04:33 ID:7hSQkozp0
私、石川県の某温泉の有名旅館から、ヘンなものを連れ帰ったようです。
家に帰ってベットで寝ていると、真冬なのにサウナのような暑さで目が覚めました。
すると、私の目に飛び込んだものが2つ。  1つは、
1メートル以上もある男の顔。顔だけです。それが空中に浮かんでるのです。
もう1つは、その顔に向かって、全身の毛を逆立てて威嚇する猫のテッちゃん。
必死の形相で、何度も何度も「ッカッーーーッ」って。
私は見なかった振りをして、ベランダの戸を開け、「よそ行って」と吐き捨て、
そのまま寝ましたが。。。。。
11年前の話です。テッちゃんは今も健在です。


11 :黒ムツさん:2007/09/18(火) 01:28:24 ID:xM+xIcE70
愛犬のルークが亡くなって2年目になります。
4歳でこの世を去りました。
ルークは生前、片思いの ベルちゃんという同じ 犬種(パピヨン)がいました。
ベルちゃんは、大人しい子ですが飼い主さんにしか懐かない子です。
ルークが亡くなって、お線香をあげに来てくれたのですが、
まるでルークがのり移ったかのように、私に抱きついて(飛びついて)きて、離れ
ようとしませんでした。
私は、その時確かにルークを感じました。
ベルちゃんは、帰る時にはいつもの大人しい子に戻っていました。

いまでも、ルークがベルちゃんを通じて私に会いに来てくれたと信じています。



12 :黒ムツさん:2007/09/21(金) 20:50:59 ID:Spmk3VP20
猫に非道なことをすると、因果応報で、自分も同じ目にあう。
これは不思議なことだが、現実にあることだ。
猫は古来、害獣のねずみやいたち、イナゴなどの害虫を退治したりして、収穫の手助けや
書物・経典などの文化財も守ってきた。
その恩は人として忘れるべきでないだろう。



13 :黒ムツさん:2007/09/22(土) 15:27:56 ID:eR0UcfLZ0


14 :黒ムツさん:2007/09/24(月) 06:33:56 ID:6NxTTlLS0
小1の頃、従兄の家で仔猫を飼ったが、アレルギーが出て我が家に貰われてきた。
それから18年、我が家の娘としていたわけだが、
冬のある日、老衰で逝ってしまった。
その連絡を携帯で受けたとき、俺は仕事中で雪の中、外に居たのだが、
その後の休憩中に何処からか猫が現れて、俺の元によってきた。
休憩中の間、ずっとその猫を抱いていて、
慰めに来てくれたのかと思い、『ありがとうね』といって返した。
次の日もその現場に行ったが、あの猫の姿は見えなかった。


15 :黒ムツさん:2007/09/24(月) 06:34:30 ID:6NxTTlLS0
続き
それから1ヶ月ぐらいして、自室で寝ていると、
足元を猫が歩くような感触がした。
『あ、来てくれたんだな』と直感的に思った。
顔のほうに来る感じがしたので、いつも一緒に寝ていたように、
右を向いて寝ていた俺は、左腕で布団をまくった。
いつも俺の右腕を枕にして寝ていて、右腕を出さないと入ってこなかった。
それで、わざと右腕を横に出さずに、布団をまくったのだが、
入ってくる気配がなかった。
そして、右腕を出すと、スーッと入ってくる気配がして、消えた。
なんともいえない幸福感を感じた。


16 :黒ムツさん:2007/09/29(土) 02:48:58 ID:LaNiC34T0
お盆に実家に帰ったとき昨年死んだネコの気配をずっと感じてた。
夜に俺の布団に上がってきたのが重さでわかったし、お袋も何も言わなかったけど
台所で食器洗いながら片足で何度もなでるような仕草をしてた。
ああ戻ってきたんだなーと思った。送り火を焚いた日からその気配がなくなった。
無事にあの世へ帰っていったんだな。
来年もみんなで待ってるから必ず戻っておいで。



17 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:05:20 ID:oAsMHRQx0
 洒落にはならないと思うので。

 自分が中学生の時、
 プール清掃、ってのがあった。
 半年以上放置されたプールの中にはいって
 ゴミやなんかをだす作業なんだけど

 信じられない量の猫の死体。
 5匹6匹じゃなくて
 ほんとクラス一人一匹、くらいの量が沈んでた。

 もう原型をとどめてないやつとか、
 つい昨日飛び込んだようなやつとか。



18 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:05:46 ID:oAsMHRQx0
 で、その日はその死体を運び出す作業でいっぱいいっぱい。
 女子は教室返されて、男子だけで作業させられた。
 もうはきそうになって、
 その日の給食はほとんど手付かず。

 その日から、クラスの様子がおかしくなった。
 授業中、真っ青になって保健室いくやつが急に増えた。
 みんな精神的にまいっちゃってたんだよね。
 今ならPTSDだ、とかいってカウンセラーでも呼ぶんだろうけど
 そんときは、学校側は何の対応もしなかった。

 で、プール開き当日。
 半分くらい、見学。
 俺も嫌だったけど、精神的なショックとかはなかったし
 とりあえず暑かったし入ることになってた。


19 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:06:10 ID:oAsMHRQx0
 なんだかんだいって、
 楽しいもんで、見学してたやつらも、
 後半になると、プールサイドまできて、水の掛け合い、とかしてた。
 俺は俺で、友達と競争とかしてたんだけど、
 別にへんなこともなかった。

 さて、そろそろ終わりかな、みたいになって
 体育教師をボーっと眺めてたんだよね。号令待ちで。

 そんとき、いきなり見学してた男子生徒が
 体育着のまま飛び込んだんだ。
 みんな、「うわぁ、、馬鹿が飛び込んだよ」くらいしか考えてなかった。


20 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:06:33 ID:oAsMHRQx0
 でも、そいつ、浮いてこない。
 周りのやつが騒いで、ようやく教師も気がついて、
 もちろん、すぐ助けようとしたんだが
 周りのやつが引っ張っても、ぜんぜん上がろうとしない。

 …結局、気を失ったかしてなんとか水から出したんだけど、
 そいつ、排水溝に手をかけて、鉄格子みたいのはずそうとしてた、って
 もぐった友達がいってた。



21 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:07:05 ID:oAsMHRQx0
 で、そいつ、意識戻って
 一応病院行ったみたいだけど、
 特に異常もなくて、1日休んだだけででてきたんだ。

 もちろん、みんなそいつに
 なんで飛び込んだんだ、とか聞くんだけど
 そいつは覚えてない。
 ウケねらい、とかそういうわけじゃないことは
 気を失うまでもぐってることからわかるんだけど。
 
 で、そのことはみんな忘れて、プールの時期も終わった。
 その年、たまたま、学校の近くでそれなりに大きい火事があって
 プールの水、ほとんどなくなっちゃったんだ。

 どうせなら、ってことで
 暇なやつとか、委員会のやつとかで、掃除したらしいんだ。

22 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:07:31 ID:oAsMHRQx0
 で、そのとき
 排水溝に水を流してたやつが
 ものすごい声で騒いでて
 たまたま、というか
 外で部活動してたやつらとか、集まってきて、
 そのなかに俺もいた。

 排水溝覗いたとき、背筋、というか
 ものすごい寒気に襲われた。

 猫の死体が引っかかってる。
 そこの排水溝は、プールの底に鉄格子がある、みたいな感じなんだけど
 その鉄格子の中に、もう一個網みたいのがあるタイプ。
 その網の部分に、小さい猫の死体がへばりついてた。
 排水溝って、微量でも排水すると、かなりの圧力かかるせいか
 猫の肉とかはがれてて、ほんとガリガリ、だけどブヨブヨ、って感じになってた。

23 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:09:07 ID:oAsMHRQx0
 そんとき、思ったのが
 例の飛び込んだやつ。
 あいつは、この猫に引っ張られてたんじゃないかと。
 
 それから数週間、その話題は盛り上がったけど
 猫の墓も、そのプールも
 今じゃなくなって新校舎が建ってる。



24 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:09:26 ID:oAsMHRQx0
 ただ、ほんとに洒落にならないのは
 その、プールに飛び込んだやつが
 その出来事のあった数日後に
 飛び降り自殺した。
 
 で、落ちた先は猫の墓のある裏庭。
 あいつ、そんなに猫に好かれてたのかな。
 でなけりゃ、プールに猫を入れたのが
 あいつだった、くらいしか考えられない。

 なんにしても、この話は俺の思い出になっている。


25 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:10:31 ID:oAsMHRQx0
以上で終わりです。
 ちなみに、先日、その友人のお墓に当時の同級生と行ってきて
 お寺の住職さんにその話をしたところ
 猫に好かれる人は、どこかで猫に何かした人なのだそうです。

 それが良いことでも悪いことでも、
 猫はそれがわかる。

 と。



26 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 00:14:00 ID:F5YEyCWB0
オカ板かよ

27 :黒ムツさん:2007/10/07(日) 02:11:52 ID:sKnM14fJ0
http://imepita.jp/20070918/117200

28 :黒ムツさん:2007/10/12(金) 20:25:04 ID:GGesobxJ0
知り合いの話。

彼の実家の裏山には、昔から小さなペット霊園がある。
そのせいか、家の中に犬が通る道があるのだという。

彼の部屋は一階だ。玄関から一直線の廊下の突き当たりにあり、部屋の外からは
すぐに山が始まっている。
夜になると時々、外の廊下からタッタッタと何かが部屋に滑り込んでくる。
引っ越してきたばかりの頃は、さすがに飛び起きて布団の周りを確認していたが、
気配はすれど何の姿形も見えない。
そのうちに慣れてしまい、今ではまったく気にならなくなったという。


29 :黒ムツさん:2007/10/12(金) 20:25:36 ID:GGesobxJ0
なぜ犬とわかるのかと聞くと、フンフンと匂いを嗅ぐ音がするだからだと。
寝ている彼の頭をしつこく嗅ぎ回って、飽きると山の方に向かうのだそうだ。

近所には猫の道もあったらしい。
夜中になると台所で、ニャアと餌をねだるような泣き声がしたと聞く。
家人が不憫に思ったのか、床には餌を入れた小鉢が置いてあったらしい。
その家は随分前に取り壊されたので、今でも道があるのかは不明だそうだ。

30 :黒ムツさん:2007/10/15(月) 02:30:40 ID:eNlZUdgG0
 

31 :黒ムツさん:2007/10/15(月) 20:30:18 ID:5hIBfnFU0
>>17-25
猫に好かれてたんじゃなく、猫に復讐されたんじゃないか。
猫をプールに放り込んでいた奴が、彼だとしたら。

猫に非道なことをすると、因果応報で、自分も同じ目にあう。
これは不思議なことだが、現実にあることだ。
猫は古来、害獣のねずみやいたち、イナゴなどの害虫を退治したりして、収穫の手助けや
書物・経典などの文化財も守ってきた。
その恩は人として忘れるべきでないだろう。


32 :黒ムツさん:2007/10/20(土) 04:20:20 ID:WUtSaQYz0
毛皮反対デモ 大阪2007年10月21日(日)開催
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
動物虐殺動画館(動画倉庫)
http://gyakusatu.angelfire.com/

33 :黒ムツさん:2007/10/26(金) 20:08:05 ID:wUBJKfIx0
知り合いが私に語った話。
彼は昔、同棲していた彼女に逃げられ、後に猫だけが残された。猫の名は「トト」。
彼は猫は嫌いじゃないが、世話好きじゃなかったので、ちゃんとご飯をあげなかったそうだ。
トトはしばらくして子供を産んだが、ご飯もくれない飼い主に見切りをつけ、
子供を連れてどこかに行ってしまった。
それから月日が経ち、今は一人きりになったアパートの部屋で、彼はうたたを寝していた。
すると・・・・・・畳の上を歩く微かな猫の足音が。
・・・戸も窓も全部閉まっているはずだよな・・・寝ながら彼は思った。
・・・・・・猫の足音は、だんだん近づいて来る。
「ト、トト!す、すまない、俺が悪かった!許してくれ〜」
彼は目をつぶり、震えながら祈った。
すると、猫の足音は、彼の脇を通り過ぎて反対側に行き、消えて行った・・・。

トトちゃんの死霊か生霊かわかりませんが、やはり猫は大事にしないといけませんね。
当時彼が住んでいたアパートは、お墓の脇で、他にも色々部屋の中を通り過ぎるものが
あったそうです。霊の通り道だったのかも。

34 :黒ムツさん:2007/10/27(土) 11:44:21 ID:OJdYgzlz0
うちには猫が一匹いるんだけど、その猫を拾う前、たぶんその猫の
兄弟猫が交通事故で死んでて、何度も轢かれてしまうよりはと思って
道の端に寄せて保健所に電話した。それきり忘れていた。
先日酷い金縛りにあって、何とか金縛りを解こうと思ってがんばってた。
ふと手を動かすと(実際はうごいていない)ふわっと何かが手に触れた。
猫っぽかった。家の猫だと思って頭をなぜたら金縛りがとけた。
猫にありがとうって言おうとしたら家の猫は脚の間に寝そべって爆睡して
いた。自分に寄り添っていてくれた、あの子はもしかして?兄弟猫なのかなぁ。


35 :黒ムツさん:2007/10/28(日) 13:26:55 ID:PQ3rndYn0
私の猫で、その時の最古参だったんだけど、若手を避けて私の部屋でなく
オカンの部屋の布団の上でいつも寝てた。
そしたら死んで数日後オカンが寝てたら、いつもの場所にいつもの重みがして
「あっ来た」とオカンは感じたって。
で、心で「A(私)がちゃんとご供養してくれるって言ってたから、安心して成仏おし」と
話しかけたらスっと重みがなくなったらしい。
思い出す度、その子をはじめとする、もう逝ってしまった子らの為にも
がんがらねばと思う。


36 :黒ムツさん:2007/10/28(日) 16:19:15 ID:Nd4xtAPDO
「松原潤死亡説」

http://same.u.la/test/r.so/hobby10.2ch.net/dog/1192866209/l10

祟りだろうな〜

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)