2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文化】ジャポニスム第八十一面【世界の中の日本】

1 :日出づる処の名無し:2007/11/20(火) 19:09:12 ID:DV3I5Gl5
日本人はその控え目な性格ゆえ、世界の中では自己主張下手であるとか
恥ずかしがり屋・寡黙だという印象を与えてしまっている。
かわりに日本をよく代弁してきたのは、日本文化であった。

【注意事項】
・次スレは、>>900でテンプレ用意。>>950が立てる。反応無い時は>>970
 それでも無いなら気付いた人が立てる。
・なるべくスレを上げないように。メール欄に半角で sage と入力する。

前スレ
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1193584671/

2 :日出づる処の名無し:2007/11/20(火) 19:10:28 ID:DV3I5Gl5
【過去ログ】
 一 ttp://tmp.2ch.net/asia/kako/1018/10189/1018974181.html
 二 ttp://tmp.2ch.net/asia/kako/1019/10194/1019489300.html
 三 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1021900647/
 四 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1031082888/
 五 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1037803035/
 六 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1040479035/
 七 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1042905418/
 八 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1045581741/
 九 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1048776099/
 十 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1051802456/
十一 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1056639651/
十二 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1060604030/
十三 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1063497569/
十四 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1064583481/
十五 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1065587595/
十六 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1067275201/
十七 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1068630375/
十八 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1069780661/
十九 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1071118918/
二十 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1073292090/
二十一 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1075141978/
二十二 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1077443497/
二十三 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1079269111/
二十四 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1081235686/
二十五 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1083029796/
二十六 ttp://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1084617807/
二十七 ttp://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1085982707/
二十八 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1088522358/
二十九 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1090194874/
三十 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1091750384/

3 :日出づる処の名無し:2007/11/20(火) 19:11:44 ID:DV3I5Gl5
三十一 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1092700506/
三十二 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1093778508/
三十三 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1095115969/
三十四 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1096869391/
三十五 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1099164673/
三十六 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1100751057/
三十七 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1102678481/
三十八 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1104769822/
三十九 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1106327737/
四十 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1107859797/
四十一 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1109726913/
四十二 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1111399490/
四十三 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1113800215/
四十四 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1116150296/
四十五 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1118307000/
四十六 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1119784687/
四十七 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1121438343/
四十八 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1123156407/
四十九 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1125848004/
五十 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1128122696/
五十一 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1130225177/
五十二 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132489009/
五十三 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134441254/
五十四 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1137430639/
五十五 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1139876478/
五十六 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142620190/
五十七 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1145289331/
五十八 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1148915040/
五十九 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1152892392/
六十 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1155388593/

4 :日出づる処の名無し:2007/11/20(火) 19:12:52 ID:DV3I5Gl5
六十一 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1157722541/
六十二 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1159325184/
六十三 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1161228082/
六十四 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1163111296/
六十五 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1165095590/
六十六 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1166845498/
六十七 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1168429650/
六十八 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170802218/
六十九 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1172428861/
七十  ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1174247565/
七十一 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1176367446/
七十二 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1177922489/
七十三 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1179342187/
七十四 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1180978713/
七十五 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1182329339/
七十六 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1183998799/
七十七 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1186533626/
七十八 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1188865872/
七十九 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1191045576/

5 :日出づる処の名無し:2007/11/20(火) 20:22:36 ID:5JDEIXni


6 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 00:01:54 ID:WdbbQeaR
>>1000getズサーc⌒っ゚Д゚)っ

7 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 15:24:50 ID:VKdJeW+X
7なら今年のクリスマスは中止

8 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 20:33:21 ID:X2LIUAT0
/(;ロ;)/ばんじゃーい

9 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 21:29:28 ID:O6J7QLZZ
前スレの話を継ぐけど、
日本がアジアかそうでないか揺れやすいのは、
伝統美術的にはアジアでもかなり中国の影響を残しているのに対して、
表に出にくい部分(美術のアイデアや思想的な部分)は全くアジアらしくないからだと思う。

10 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 21:36:04 ID:ByDf0C2V
民族性が周りの国々とどえらく違うよな。

11 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:11:34 ID:XGQ6w1T0
えっ 違いますか?

12 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:15:51 ID:b7FFVVmR
>>11
どこが似てる?>周りのアジアの国との民族性

13 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:17:54 ID:X2LIUAT0
・はだか祭りとかあってやたらと裸になりたがる
・なんでも生で食いたがる
・重ね言葉が多い(ぼちぼち、しこしこ、など)

この辺は南方系の特長だな

14 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:19:16 ID:X2LIUAT0
あと平安時代までは男が女の元に通う女系家族だしな
しかし南方系というだけでは日本人の民族性は説明しきれない


15 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:20:15 ID:Qvyry0xU
欧州の価値観が入る前の100〜200年以上前の外国人による記録なんか
読むと全然違うだろうね。特に日本は他と違うって驚きがある。

16 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:26:32 ID:XGQ6w1T0
ああ、なるほど。
でも、中国と韓国とは近いですよね。

17 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:35:35 ID:b7FFVVmR
>>16
中国と韓国が近いのは中華思想と小中華思想だからだろ?日本の民族性とは相容れないな…
韓国と似てると言ったら中国人は怒りそうだけどw

18 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:37:52 ID:cPT/DDAE
>>13
>・はだか祭りとかあってやたらと裸になりたがる
えええーっ
よその国は裸になりたがらないの?! 邪魔な服が無くて気持ちいいのに……

19 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 22:39:52 ID:b7FFVVmR
>>18
ヌーディスト発見!

20 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 23:00:08 ID:MZ2riPWG
中国じゃオサーンが所構わず裸になってるぞ。
オリンピック前に撲滅しようと当局が躍起になってるらしいが。

21 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 23:24:11 ID:9no5t4Mv
>18
降雪地域もあるのに、裸祭り大杉w

http://wadaphoto.jp/maturi/index.html

22 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 23:32:01 ID:9bOUMRCj
儒教カルト圏、中華思想圏と日本の神道仏教シャーマニズムずっぽりの文化は全然違うと思う。装飾とか文字とかの見た目の相似はあっても。
中国南部から黒潮に乗ってやってきた人達とは文化的に近いっていう話はここで勉強させてもらった。

23 :日出づる処の名無し:2007/11/21(水) 23:36:49 ID:uHP5dpTN
大陸国家と海洋国家の違いもあるしね>中国と日本の違い

24 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 00:22:19 ID:SjR1+bGO
ああ 勉強になります
えーと、なんていったらいいのでしょうか・・・・
日本は、アジアの 突然変異?異端児?奇形児?確変?トンビが鷹?

25 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 00:45:09 ID:V266lgUs
>>24
梅棹忠夫の『文明の生態史観』なんか読んでみるといいと思う
ユーラシアの東西辺境地域に位置していたヨーロッパと日本が
インドや中国みたいな大陸文明群に対して共通していたんだったんだ、って説を唱えてる

26 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 01:43:15 ID:cNh12NpN
海ってフィルターと適度な気候と適度な面積。

27 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 02:01:17 ID:Fnm7EG9e
海の恵みっていうけど、魚介類はもちろんバイオ燃料とかレアメタル抽出の話聞くと
これからも日本に恵みをもたらし続けてくれるんだなと思う。


28 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 02:33:04 ID:abthg8rm
仏教は哲学を完成させた。
西洋哲学は仏教の足跡を2000年かけて追いかけて来たに過ぎない。

29 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 03:21:23 ID:pXwMg8Hc
ちょっと前のこのスレの書き込みに、日本人の清潔好きのことが書いてあったが、
ほかの国にくらべると、病的な境地に達しているらしい。
天下の文化国家フランスに住んでいた時も、
トイレが少ないうえに、用を足しても、手を洗う人がほんのわずか。
男子トイレに女性が入ってくるのには、まいった。
女子トイレはこむからということで、普通のことみたいだった。
そうして、気をつけてみていると、女性も手を洗わないのがたくさんいる。
これがフランスか、と、信じがたい思いがした。

30 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 03:37:25 ID:FwKGLILr
香水かければ桶

31 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 03:44:46 ID:8U6Gc0pG
気候や環境の違いもあるし。

32 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 05:14:39 ID:Fnm7EG9e
トイレの後の手洗いは気候も環境も関係ないと思う。

33 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 07:45:11 ID:5TwA08qD
ベルサイユ宮殿には王族用以外にトイレがなかったという。
庭で用を足していたらしい。
そういうのが気にならない文化なのだろう。


34 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 08:40:40 ID:5XCQBRYE
>>29

だから、「フィンガーボール」というものが作られたんだよ・・w

35 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 10:00:05 ID:uHPZad7d
よく知らんが、フィンガーボールって個人個人につくもんなのか?
みんなで使いまわしなら、壮絶に不潔そうな気がするんだが。

36 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 10:28:55 ID:Fm+xKbNN
>>35
つかいまわすの?日本じゃ見たことないが・・・フランスとかではそうなのか?

37 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 12:04:25 ID:yvmEuME9
ジャップがフィンガーボウルの水飲んでやがるwwwwww
コイツらホント文化を知らネェ野蛮人だなwwwwwwww

というジョークがあったが、
日常的に手洗い常識、お絞りもある、なにせ食事は何でも箸でおk

文化を知らない野蛮人というより、食事と衛生という点では2,3周くらい周回遅れにしてるんだな


そういや、飛行機の中でサービスで出されたおしぼりの使い方解らないで、
ピーナッツバターで顔をグチャグチャに汚すバカな日本人、というCM作った外人アーティストも居たな

CMコンテストかなんかで場内大爆笑、日本人の審査員も票を入れて受賞したことで、色々問題になったらしいが

おしぼりが日本発祥、最初に機内サービスで出して世界中に広めたのも日本航空という常識知らずに
CM作ってるのが逆に笑えた

「我々の会社で旅行すれば、あなたも旅慣れた人になれる」というコピーで、笑っている客すら
ちょwwwおまwwww旅慣れたとかwwwwww高度すぐるwwwwwwと、そういう意味では逆に笑える

38 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 12:29:11 ID:cpCc4fnq
その外人製のCMはちょっと高度すぎないか。
おしぼりが日本発というのは、その国ではジョークに使えるほど常識的だったのか?

39 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 12:48:34 ID:hNYPyHQI
ベルサイユ宮殿には、トイレがなく、当時の王様、宮殿の住人たちは
それぞれ専用のオマルを持っていたという。
家来は庭にオマルの中の糞尿を捨て、
来客はオマルを持っていなかったため、宮殿の庭で用を足していた。
つまり、宮殿は「糞尿庭園」と化していた。
それに腹を立てた庭師が、庭中に立ち入り禁止の立て札を立てた。
立て札はフランス語で「エチケット」。
これがエチケットの語源である。

40 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 14:02:18 ID:L3NZBsBt
幕末に江戸を訪れた白人たちは、街中にごみがほとんど無く、
あっても翌朝には綺麗になってるのを見て、
そのカラクリが全くの不可解だといっていたよ。

41 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 15:47:42 ID:fV57mI1e
リアルな白人って清潔感ないよな
日本なんて治安いいのに
白人観光客ってなんでオシャレしてこないの
彼らはいつオシャレを楽しむの?

42 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 15:55:37 ID:LRcQx3D9
>>41
まぁ、それは階級を理解しない日本人も善し悪しだけどな。
ブランド品ってのは最低そのブランドで全て揃えるくらいの財力がある人間が身につけるものであって
一品持ってるなんて逆に恥ずかしすぎるというのが常識。



43 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 16:01:23 ID:5nNTkmAx
>>40
幕末あたりに他のアジア諸国を訪問した欧米人も、日本以外の庶民の町や民衆の中
には汚くて入りたくなかったが、日本人は皆清潔で民衆の中に入るのは(衛生面では)
苦じゃなかったと書いていたな。
もっとも、現代からみれば石鹸とか消毒液とかもないから、かなり非衛生なんだろうけど、
当時の世界レベルから見ればトップレベルの清潔さだったんだよな。

44 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 16:06:49 ID:o/xQH7U5
>42
メーカーが外商が貴族や金持ち廻るだけじゃ食えないから
そこいらに店出してる時点で全く説得力がないな。

階級のヒエラルキーが通用するのは連中の意識にある下僕と貴族の関係であって
存念の外の日本人には全く関係ない。日本人は連中の下僕ではないからな。

そんな事を言ったら世界の90%以上の人間は安いジャガーすら乗れなくなるし、
デパ地下に売ってる宮内庁御用達のとらやの羊羹も食えなくなるし、
ロイヤルハウスホールドを公認で飲める日本人は99%のイギリス人の上に居るって事になる。

まったくアホらしい話でブランド品と粋がった所で元々実用品作ってたメーカーの代物。
そんな屁理屈をマンセーするのは似非欧州通だよ。

45 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 16:15:35 ID:4hb9J2uC
>>41
オシャレを楽しむのは男の場合ゲイということになっています。そういうマッチョ信仰が
アメリカでは特に強いから、中性的な男が皆ゲイになっちまうのだと思うけど。

46 :凛甲:2007/11/22(木) 16:17:16 ID:iPtPX8g6
>>38

逆逆。

CMを作った旅行会社サイドが、「おしぼりは日本発祥」というのを知らずに
「お絞りというサービスが出来る進んだ我々」「お絞りの使い方が分らない遅れた日本人」という
アホな演出をして、ヒンシュクを買ったって話。

で、日本人から見れば、「外国人の傲慢さ」を皮肉るジョークになるってことな。

47 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 16:35:17 ID:HFapcF79
フランス人は個人のレベルではヨーロッパの中でも汚れに鈍感って話があるね。
パリでは犬猫の糞尿の掃除のため専用の掃除人を雇っているんだけど
その費用が年間で2億円を超えていて市の財政を圧迫しているらしい。
パリ市は自分の飼い犬や飼い猫の糞尿を片付けない飼い主どころか
犬猫が家でした糞尿を路上に捨てる飼い主が多いから飼育税を徴収しようと草案を練ってたんだけど
その草案のことが動物愛護団体や犬猫のクラブにばれて潰されたそうだ。

48 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 16:43:37 ID:eudEOuwQ
>>47
欧州の場合、一般庶民の民度はかなり低かったりする。 おフランス人も貴族とかはあれだったが
庶民階級なんぞ酷いもんだった。 イギリスも同じ。コックニー喋る奴は皆真っ当な家業についてねー
なんて思われるぐらい酷かったもんだ。 盗人横丁とか娼館とかの界隈だったし。

その点庶民のレベルが極めて高かったのが日本。 今ではその美徳も完全に過去のものとなったが。
給食費を払わない親がいたりとかさ。 恥という概念を失って以来、権利ばかりを主張する欧米志向が
劣化をもたらしたのかもしれん。

49 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 18:20:53 ID:XnGhO3/p
>一般庶民の民度はかなり低かったりする。
民度って言葉使ってる奴まだ居たのか・・・・・・

50 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 18:33:30 ID:LlffVSdz
民度って使って何の問題があるんだ?
バカな中国人のおかげで普通に使えるが?

51 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 18:37:49 ID:xhTjmPig
>>49
言葉狩りする意図を教えてくれ。

52 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 18:42:15 ID:oJmlwx83
>47
なんで動物愛護団体が中止させるんだろ?

道端が不衛生で困るのは、靴を履いて立って歩く人間より
裸足で歩く上に地面に近いところに顔があるペットじゃないか。

53 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 18:44:07 ID:XnGhO3/p
もう6年は経とうと言うのに、
このスレにも宮台に影響された人が、カワイソス(´・ω・`)

54 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 19:02:30 ID:eudEOuwQ
>>53

みんど 1 【民度】
ある地域に住む人々の、生活水準や文化水準の程度。

辞書にふつーにある言葉だが? アホじゃねーのw

55 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 19:22:21 ID:UGmAP0JW
金融ビッグバン以前のロンドンの金融街シティでは
電話ボックスを公衆トイレかわりにする奴が多すぎて
急な電話をかけるためには長靴が必要でありました。

イギリス人の清潔感は現在も大して変わらん。。

・・・この話をイギリス人にすると怒るそうだけどな


56 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 19:32:47 ID:HFapcF79
>>52
日本で飼い猫を登録制にして迷子猫や
交通事故に遭って飼い主が見つからずに死ぬ猫を減らそうとした時に
強硬に反対したのも動物愛護団体。
日本の動物愛護団体の主張だと飼い猫を登録制にすると
ペット飼育禁止の賃貸物件で飼ってる人が猫を捨てるとか
野良猫と飼い猫の区別が明確になって野良猫が処分対象になるってのだったけど
フランスの場合も税金を取られるからと捨てる飼い主が増えるってのが動物愛護団体の主張だった。
ドッグクラブやキャットクラブの主張は
「フランスでは屋外で犬猫に自由に糞尿をさせるのは伝統で、伝統を否定する条例は作らせない」ってやつだったw

57 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 19:53:36 ID:h7Tg4NXc
ヨーロッパじゃ気をつけないとあっという間に靴がウンコだらけになりそうだな。
革底の靴なんてどうすんだろ。踏んだガムの始末は知ってるがウンコは知らないぞ。
路上靴磨きの需要が無くならないのも分かるな。

58 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 20:07:57 ID:o/xQH7U5
>57
ヨーロッパっていうかフランス。
あと移民の子供によるスリ(というか恐喝)。

未だにハイヒールが活きる(ウンコ避け、ヒールで蹴りつける)街ってのもなんだよね。
温故知新ならぬウンコチンチンな街だよ。

59 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 20:10:23 ID:hNYPyHQI
食事は手づかみ
風呂に入らない
街は糞尿だらけ

中世のフランスは、伝染病蔓延にはもってこいの環境でスた


60 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 20:14:50 ID:Z5huIduw
>>57
その靴で家に上がって、カーペットの上歩いたりすんだろ。
で、そのカーペットの上で子供がゴロゴロ遊んだりするんだ。
罰ゲームだよな、まるで。

61 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 20:22:09 ID:o/xQH7U5
>60
二日前にゲロがあった場所に直座りしてダベった後、
山手線のシートに座る女子高生の次に座席に座るサラリーマンもまた罰ゲーム。

62 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 21:11:09 ID:oJmlwx83
>伝統を否定する条例は作らせない

犬食うのもクジラ食うのも賛成してくれるのかな?

63 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 22:04:48 ID:MsBcuSOV
中世のヨーロッパと当時の中国を比べて、中国の方が勝ってた部分(今は負けてる)ってどれぐらいあるの?

64 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 22:19:50 ID:yAson9Kj
暗黒の中世ヨーロッパに暴力以外で劣ってる国ってあったの?

65 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 23:23:31 ID:Uv23rgJ3
お前半島忘れてね?

66 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 23:47:28 ID:HFapcF79
伝染病で思い出したけど日本でも1899年からの27年間はペストが流行したが
27年間で感染者2900人(死者2400人)だった。
同時期に中国や朝鮮半島で数十万人のペストによる死者が出ていることを考えると
日本人の清潔好きってのは知らないうちに多くの日本人の命を救っているのかもしれないな。

67 :日出づる処の名無し:2007/11/22(木) 23:58:18 ID:gATju3an
すくなくとも現状の日本は一人当たり所得も労働条件も文化レベルも世界に誇れない。
トップ層をうんぬんしても意味ない。
平凡な庶民の生活で言えば、ヨーロッパ人の生活レベルの豊かさにはとても敵わない。

68 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:02:06 ID:0j85w13G
>>67
貴方が仰るヨーロッパとは、何処の事かしら?

69 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:08:37 ID:ySxkf7dm
>66
血液型の占有率と風土病と神経質の関係は面白い説だと思った。
日本にA型が多くてペストの死者が少なかった理由とも合致するし。

70 :64:2007/11/23(金) 00:15:31 ID:cCV5VkkU
>>65
そういえば半島は何王朝の時代だっけ?>中世
半島も「一応」国家だったのを忘れてたw

71 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:17:13 ID:VHbW13gs
火葬と土葬の差だろ

72 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:20:46 ID:rguDr9J7
>>67
出たね、日本VS世界シリーズ(ヨーロッパ編)

73 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:22:02 ID:VHbW13gs
日本に来た西洋人は日本の庶民見て驚いてばっかりだったが

74 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:22:58 ID:cCV5VkkU
世界に互する日本すげーw

75 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:24:05 ID:FZfgL/n6
>>63
中世だけにとどまらないし、実際にはどうあったかは別にしてだけど
王・皇帝としてのあり方かな。
人を統べる者はかくあるべきっていう高潔な思想があった。
易姓革命の根拠になる思想と似たもので、
ルイ13世ぐらいになるとヨーロッパにも王権神授説ってのが出てるけど、
王は何やってもいいみたいな口実の根拠にされたっぽいしね。
今では過去に比べて現代中国のカスっぷりを際立たせてるだけだけど。

76 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:27:59 ID:ahs5ED19
>>67
ヨーロッパの庶民は日本より慎ましいよ。
労働条件が自由な分給与も少ないし、だからこそ同棲やルームシェアで生活を支えあうわけ。
あと良く言われるのが、社会福祉の枠に入れば天国、入れなければ地獄って事。
給与は少ない税金は高いなんで福祉枠に入れないともの凄く苦しくなる。

77 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:35:18 ID:KM4fbUjW
ぼくの職場に中国人の女性がいて、フランスのトイレ事情をはなし、
あきれるかと思いきや、中国でも全く同じよ、といわれてことばに詰まった。
また、なんの病気だか忘れたが、ほかの国(欧米もふくむ)で、
伝染病が猛威をふるい、いっぺんに大勢の人が亡くなったときでも、
日本はただひとつ何の影響も受けなかったんだって。


78 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:35:49 ID:VHbW13gs
トップの方が日本負けてるだろうし
いまごろになってやっと「格差社会」とかいってる時点で

79 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:38:38 ID:ySxkf7dm
身分制度が残ってるEUは出自がダメで小汚いのは一生小汚い生活なんだよな。喋る言葉まで違う。
日本語の尊敬語、謙譲語が使えないとかそういうレベルじゃない。DQNは未来永劫DQN。
日本で云ったら京都の四条通りに観光客相手のDQNの押し売りとかDQN子の集団スリとかが平気で居る状態。

標準的な中堅都市で20代の無職がそこいらに溢れてて
移民がウロウロしてて食い物はローカル文化内でパターン化された物しかなく、
宗教的、文化的理由で人が活動できる時間帯が短くて
日曜日の夜に乾電池一つ手に入らないEU(敢えて一括り)での暮らしが「豊か」ねぇ・・・

これはEUの連中は宗教上、文化的な問題で身の程を弁えてるから望まない、
望まないからサービスが産まれないだけなんだが
庶民主流の日本では「等しい利便性・多様性」が発達した。

この平坦化故の発展だけは日本は世界一と言える。

80 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:38:55 ID:oeajiLKi
ドアノブ触れないとか病的な潔癖はどうかと思うけどなぁ
まあ、日本で普通のことも海外から見れば病的なのかも知れんが

81 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:42:25 ID:H6qHI8V6
トイレで思い出したが、フランス人は、排便するときに出る音は、
自然なものなので恥ずかしくない、って考えらしい

フランスでシェアしていたフランス人が、俺がシャワーを浴びていても、
普通に入ってきて、バスタブの横に設置してあるトイレで
バフッ! ぶぴーーーーーッッッ ドドドドドドド!
ブリブリブリ ビチビチビチ ポチャッ ポチャッ ってやってた。

82 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:46:43 ID:MHxYTIsQ
>>69
血液型と風土病の関係というと死に直結するその地域特有の風土病によって
地域特有の風土病に対する耐性が低い血液型の人が死んで減り耐性が高い血液型の比率が増えるってやつ?
中米でO型の人が90%近くを占める地域があるのは、O型にその地域特有の風土病に対する耐性があるからだって説だね。
でも日本人の血液型の比率ぐらいだと関係なさそうだけど…

83 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 00:51:06 ID:MHxYTIsQ
福祉先進国と呼ばれる北欧諸国でも強盗や窃盗の発生率は日本の数十倍から百倍だしなぁ
この手の犯罪は貧困が原因のケースが多いからそれだけの格差社会なんだろうね。

84 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 01:16:28 ID:ySxkf7dm
>83
本当の格差があるから福祉が厚いんだよな。

日本で云うエタヒニン=自国民の最下層が認知されてて、
連中の仕事がきちんとある代わりそこからは出られない。
便利になったらそいつらが飢え死にするからいつまで経っても不便。

移民が喰ってるのはそのちょっと上のクラスの仕事だから
そのちょっと上のクラスの連中には仕事がないから盗むか暴れるしかない。

金持ちの飼い犬の方が移民や貧乏人よりも社会的な地位を認められてるEUは
氷河期が抜け出せないとか言ってる様なレベルじゃない絶望がある。

85 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 03:20:15 ID:Vol6RzUf
>>79
> 宗教的、文化的理由で人が活動できる時間帯が短くて
> 日曜日の夜に乾電池一つ手に入らないEU(敢えて一括り)での暮らしが「豊か」ねぇ・・・

真夜中に車でドンキホーテに乗り付けてアウトドア用品を買うとき、
物質文明の狂い咲きの幸せ感じるわww

86 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 03:34:54 ID:yl2aILVT
>85
アウトドアですら「思い立ったら24時間即実行」できる環境は実は凄い。
江戸時代から続く日本庶民特有の快楽的無軌道が育んだ文化だな。
だから民間主導の街つくりが無秩序になるのも当然の事。

87 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 03:56:20 ID:jO+0YCBJ
昔ある番組で、身の回りの雑菌の量を調べた番組をやってて
便器が一番汚いと思われてたのに、一番雑菌が多いのは人間の
はいてた靴下だった。
番組の結論は人間が一番汚かったということだった。
体を接触させない挨拶は衛生学的に理にかなってる。

88 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 04:53:00 ID:D3hQMLf1
>>81
どっかの少女マンガ家がフランス旅行に行った時
高級ホテルのトイレで綺麗にめかしこんだパリジェンヌに
『なにこの薄汚い黄ザルは、ここはアンタみたいなのが来る場所じゃなくってよ』
みたいな超見下した視線もらった直後、個室から

ブビッ ブリュッ ブリブリブリブリュブリュュュッッ

唖然とするイエローモンキー尻目にハイヒールも高らかに去ってったんだと

89 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 05:04:49 ID:1fk5o29T
>87
マーティ・フリードマンも言ってたな。
日本人の挨拶(礼、お辞儀、会釈)の方が清潔でいいじゃないですかって。


90 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 05:42:53 ID:4cPij7fN
>>86
目的もなく気まぐれに行く時もあるけど、金曜夜から出かける時もあるんで、
キャンプ用品の補充が出がけに出来るってのは有難いよ。

91 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 07:05:48 ID:DJWqyWW2
週末は家に居づらいから、金曜の夕方6時頃から
本屋→ゲーセン→コンビニ→本屋(24時間営業)→ブコフ→吉牛
で土曜早朝に帰って朝風呂、日が出ている間は一日中寝る×2、という生活続けてたら
友達も居なくなったよ!!

92 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 13:28:28 ID:7cmckznb
>>91
そのうちあなたもいなくなりそうですね。

93 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 14:14:11 ID:Ulp9ZNnq
ドンキの低俗なDQN的雰囲気はどうもな・・・
子供は連れて行きたくないな。

94 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 14:20:14 ID:8egsXboG
トイレネタはシナとフランスが両巨頭だよな。
中華思想といいよく似た国だよ。

95 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 18:25:08 ID:kTd2GxPB
何年か前にドイツのメディアが皮肉ってたけど、フランス
って欧州で一番、石鹸の消費量が少ない国なんだってさ。
つまり風呂に入る回数が少ないし、手洗いもしない人が
多いんだって。
そりゃ、香水も発達する訳だ

96 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 18:35:00 ID:3uLtTJXd
ベルサイユのうんこ


97 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 18:52:05 ID:E3UVadzJ
【文学】江戸川乱歩「陰獣」フランスで映画化決定
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195808348/

> 今作では、自著のPRのために来日したフランス人の探偵小説家が主人公となり、
> 人妻の設定が「京都で出会った芸者」に代わる。

98 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 19:47:31 ID:HJ67peKp
主人公の名前はユーノ

99 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 20:11:36 ID:O9R47A23
さすがHENTAIの求心力は凄いな

100 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 20:19:39 ID:ahs5ED19
ヨーロッパ人って確かに体臭が強いけど、なんとなく動物臭って感じがする。
香水の効果なのかな?
日本人のワキガの人って臭いは強くても許せるような臭いの人もいれば
ケミカルチックな嫌な臭いの人もいるような…。

101 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 21:20:58 ID:cMZkyPvX
>>95
フランスに日本の石けん持ち込んでも、水が硬すぎて泡立たない。
街で売っているのは、硬水用の石けんだった。
よく見ると水道も、石灰カス(?)がついている。

102 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 21:55:59 ID:VHbW13gs
>>100
肉食臭じゃね?

103 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 21:59:46 ID:HiWpFK+R
江戸川乱歩海外進出か。
怪人トウェンティ・フェイシズとか出てくるかな
そういえば黄金仮面にルパンが

104 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 22:06:05 ID:GqH9pdS1
中国「世界第2の大国」として認知!民間調査による大国ランキング―フランス
11月14日16時7分配信

2007年10月、フランスのハリスインタラクティブ社はドイツ・フランス・スペイン・イタリア・イギリス・アメリカで民間調査を実施、世界の大国ランキングを策定したところ、中国がアメリカに次ぐ第2位にランクインした。

同調査はフランスのテレビ局フランス24とアメリカ紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンの依頼によるもの。各国の16歳から64歳までの6645人の回答を集めた。ほとんどの回答者が世界最強の国家としてアメリカを挙げた。

意外だったのはアメリカに次ぐ第2位に中国の名が挙げられたこと。フランスで93%、アメリカで90%、ドイツとイギリスで87%と大多数の回答者が中国を2位に挙げている。3位はロシア、4位はイギリスとなっている。(翻訳・編集/KT)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000014-rcdc-cn

105 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 22:09:50 ID:yg5aN4Ns
第二位だと思う、
とか言われても。

106 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 22:36:55 ID:rONHfY6q
>>104
日本は圏外ですかそうですか(w
まぁ、確かに政治的な影響力は無いですね。その割に
日本が無くなると有形無形の激烈な影響が出ると思うけどね。

107 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 22:53:39 ID:nnmNSX2/
アメリカの不動産王トランプも、「不潔な男と握手したくない。日本のお辞儀みたいな
ものがあればいいのに」と本に書いていた

108 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:06:55 ID:9bHdSvq/
やっぱり外国人もそうなんだな。
握手だけでなく、オッサン同士で抱き合って、その上頬にキスなんてなあ・・・。
ホモにはこの上ないんだろうが。

109 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:10:45 ID:thn/YYKd
>>106
政治力というより軍事力。もっといえば核武装してるかどうか。
イギリスなんて核なかったら大国でもなんでもない。

110 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:27:50 ID:8Ds55Q4q
いやいや、英国の隠れた影響力はすごいもんがあるぞ・・・・
やっぱ、過去の筆頭覇権国の遺産は侮れない。
しかも、それらを「あんまり」目減りさせないで維持してるしな。
例えば・・・あの立地と外交位置でEUに加盟しないでやってける
底力は凄いもんだ。
英国を本気でパンピー国にまで没落させるなら
1、共和制に移行
2、英連邦加盟国からの大量入植によるアングロサクソンの少数派への転落政策
3、EU加盟による外交・通貨政策の独自性剥奪

・・・を半世紀くらい続けることかな

日本も、アジア圏でこれやられたら御終いだけどな

111 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:30:53 ID:cMZkyPvX
>>110
kwsk

112 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:31:34 ID:yg5aN4Ns
なんだかんだ言っても、
英国が築き上げてきた過去の遺産は、
今でも凄い価値を持ってると思う。

113 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:37:04 ID:9bHdSvq/
イギリス連邦の加盟国は約50カ国で全人口は15億人ぐらい。
すげえよな。過去の遺産を食い潰してるだけにも見えるが。

114 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:38:38 ID:D2nSGISR
日本は英連邦に加盟、どうよ?
という意見もあったな。

ちなみに「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」は飴でついにDVD化だ。

115 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:47:42 ID:st6PkI8V
>>114
寧ろ、アジア一帯を日本連邦にすれば良いジャマイカ

116 :日出づる処の名無し:2007/11/23(金) 23:50:58 ID:yg5aN4Ns
それは禁句。w

あの戦争で終わった話なんだから、
寝た子を起こしちゃダメだって。

117 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 00:43:53 ID:3HfpR6d0
>>115
アジアイラネ
マジイラネ

118 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 00:45:00 ID:17rzYeKQ
そういやメダルゲームやってたらユニオンジャック面がでてきたんだけど星条旗と間違えて笑われた
いやわかってんねんで?
でもでっかく「米」て書いてあるんだから米国を連想するのは致し方ないだろ?

119 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 00:47:22 ID:/nsn11nC
アジア一帯を日本連邦に、ってのはやめてくれ。
現状でさえ、日本文化と欧米文化の影響で、アジアの国から
伝統的な文化・伝統を強く受け継いだ文化の誕生が無くなって来ているというのに…

120 :凛甲:2007/11/24(土) 00:49:17 ID:QnAhI+9b
>>87

えげつない話ですが、細菌の数で考えると、一般に、
人間の肛門より、足の裏のほうが「汚い」そうです。

121 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 00:59:02 ID:TOesZjG3
みんす党は沖縄独立はもとより日本の主権を委譲したがっていますが、何か?

122 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 01:01:12 ID:H5KZjAYQ
>>120
そいや昔なんかのコラムで読んだけど、PCのキイボードの
方がトイレの便座よりも不潔だそうだw

123 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 01:06:18 ID:lMnUuulJ
細菌数って観点で言うと、口の中はもの凄く汚いらしい。

124 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 01:59:04 ID:mIW1acFT
汚い、じゃなくて、
細菌がゆたか、とか。

125 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 02:04:32 ID:aA9PSedR
問題は量より質じゃないか。

126 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 02:32:03 ID:ZJfF2Qln
マジで米国と合併したらいいんじゃない?

吸収合併でも構わん。自ら喰われることで
「喰った奴」を支配するパターンになりそう。


127 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 02:37:56 ID:mIW1acFT
そりゃ、中華じゃん。

飲んだつもりが飲まれるから、
あそこは怖い。w

128 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 08:06:42 ID:mXjfiIas
>126
そうすると、世界第二位の経済力を持ち、約1億2000万の人口を持つ
『マイノリティ』の誕生ですねw

ぶっちゃけ日本の選挙区で大統領が決まることになりますから合併は
ないでしょう。

129 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 08:16:01 ID:60aLilHp
「内側に入り込んで支配」はほとんど最終手段ですよ
出来る事が他にいくらでもある時に使う手段じゃないと思う

130 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 10:09:07 ID:8sK6EH+u
あんな日本と真逆の国に、日本人が食い込めるはず無いだろ・・・。
夢見すぎ。大国意識皆無で、そのくせ「第二位の経済大国」は拠り所にしてる。
もうすぐそれも無くなるのに。

131 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 10:33:37 ID:3LlNgGH4
溶け込むのは得意なんだけどねぇ。
ちなみに第二の経済大国をネタにするのは古いんじゃないか?
今は各種工業の首根っこを捕まえてる事が強みで
2006年の特許出願数を見ても、下地の整備は続けられているし。

庶民の永久機関的な出願ばかりかもしれんがw

132 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 10:53:46 ID:9uZbgGUu
もし米日連合が出来たら、なし崩しにオーストラリアと太平洋の島国群も
参加希望すると思う。全部で200海里とか主張すれば太平洋が領海になりますね。
国力も二位以下を大きく引き離します。中国とロシアがやる気をなくしてしまえば、
北方領土を含めた領土問題も解決する。

米日連合内では、突然に巨大で結束固くて教育・財力・民度の高いマイノリティが
登場する訳で、放っておいても支配層(それでも頂点はWASPのエリート家系が
掴んでるだろうけど)に食い込みます。言語の問題で1世代は待つ必要があるけど。

天皇家は旧日本州において、大統領より上の権威となります。こうしたあり方を見て
英国も参加するかも知れません。ガ○○ムみたいですねw

133 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 10:57:37 ID:T+ymMPxU
チミチミ
佐藤大輔の「地球連邦の興亡」を読んでみなされ
全てはそれからです。

134 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 12:17:23 ID:7h/Be1Yc
それ完結してんの?

135 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 12:54:04 ID:3HfpR6d0
それより、ガンダム00見て勉強しようぜ

136 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 13:11:50 ID:9xrMAgL5
世界1はNY、東京はアジア最高の6位、上海は14位と健闘!「おしゃれな都市ランキングベスト25」−米調査[2007/07/20]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1184947373/

07年「世界おしゃれ都市ランキングベスト25」が発表され、ニューヨークがファッションの最先端としてトップの座を守った。
東京はアジアで最高の6位、香港が8位、シンガポールが10位、上海が14位にそれぞれランクインした。

■世界おしゃれ都市ランキング・ベスト25
http://www.languagemonitor.com/Fashion.html

1.ニューヨーク、2.ローマ、3.パリ、4.ロンドン、5.ミラノ
6.東京、7.ロサンゼルス、8.香港、9.ラスベガス、10.シンガポール
11.ベルリン、12.シドニー、13.バルセロナ、14.上海、15.メルボルン
16.モスクワ、17.バンコク、18.ムンバイ、19.サンチアゴ、20.リオデジャネイロ
21.サンパウロ、22.ブエノスアイレス、23.ヨハネスブルグ、24.ドバイ、25.クラクフ

137 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 13:13:59 ID:/nsn11nC
今の中国って、昔と違って全然新しい文化が生まれてないよな?
日本やアメリカなんてどんどん生まれているのに〜

138 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 13:21:12 ID:/nsn11nC
>>136
25都市ってすくなくね?
しかもアジアの5都市って、古風なローマ・パリ・ロンドン・ミラノなんかとは違い、
全然伝統的じゃないコンクリートだらけの都市じゃんかよ。

139 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 13:22:37 ID:q6ypn6l9
ファッションだから、景観は関係ないんじゃね?

140 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 13:42:52 ID:CyfryfoT
単にブランドの進出のあしがかりなだけなような。


141 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 15:00:55 ID:SbZA/Y93
ま、おしゃれは期待してないけど、
色々な都市ランキングを見るに、日本って東京しか
入ってこないよな。大阪はダメか、ダメなのか?

大阪が得意なのは怪獣方面だけか。。。

142 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 15:04:11 ID:932wOeMd
>>141
認知されてないだけでしょう。
日本人の大多数にイギリスの都市の名前を挙げてくださいって言っても
ロンドン以外の都市がすらすらと出てくる人がどのくらいいるかというのと同じで。

143 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 15:42:32 ID:SbZA/Y93
>>142
エクセター、コベントリー、バーミングハム、ニューキャッスル、ドーバー、
ヘースチング、カンタベリー。誓って何も見ていない。判るやつには判るかな?

144 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 15:52:11 ID:jXJkeCZA
マンチェスターとか?サッカー好きなら強いだろうが。

145 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 16:03:13 ID:/08UpiHj
>エクセター、コベントリー、バーミングハム、ニューキャッスル、ドーバー、
ヘースチング、カンタベリー

全然知らん。何あんの?。

146 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 16:06:10 ID:gxukAxo+
>>143
お前が書いたからなんだっつーんだよ。

147 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 16:18:17 ID:SbZA/Y93
>>145
深い意味はないので怒らんでくれ(w
MasterOfMagic(スーファミでは「シヴィザード」)というゲームで
自動付与される都市の名前だよ。英国の古い都市名が基本らしい。
さっきまでやってたので・・・

148 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 16:24:37 ID:gvbmncxg
>>147
多分、>>145は許さないだろう…レス間違ってると思うからW

149 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 17:37:40 ID:WLQHKXUv
>136
23位のヨハネスブルグのせいでどうも信用できない。

150 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 17:48:27 ID:/08UpiHj
>>147
イギリスなら、ビートルズで有名なリバプール、ピーターラビットの湖水地方、バイクレースのマン島。
他にもいっぱいあるだろ。全然話が違う。

スーファ身の話なんか知らん。


151 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 18:14:23 ID:xMX2vi3S
>>150
そこはネタレスで返す空気だと思う。

152 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 18:23:56 ID:wJ4/ss6Q
中つ国とかホグワーツとか不思議の国とか鏡の国とか
イギリスには一杯あるな

153 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:08:11 ID:/nsn11nC
君が代って、メロディーが何回も変わったんだよね?
明治以降の日本は西洋の音楽を結構取り入れてたり、
アジアの他の国はわざと国歌を西洋風にしてたりする(ネパールの新国歌は伝統的だけど、前の国歌の方が人気があるらしい)
のに、なんで最初の西洋風のメロディーじゃ駄目だったんだろう?

154 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:21:42 ID:GtMgZ/5D
日本の国歌だから。以上、説明終わり

155 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:29:06 ID:WLQHKXUv
ということは君が代メロディは今後も変わる可能性が?

156 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:49:11 ID:9xrMAgL5
【米国】日本語は6位、人気はアラビア語と中国語〜現代言語協会、米大学履修調査報告[11/14]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195054346/
米国の現代言語協会(本部ニューヨーク)は13日、全米約2800の大学で2006年度に学生が履修した
外国語の講座数に関する調査結果を発表した。

241: :2007/11/15(木) 05:06:18 ID:ab2xnQcQ
>>1に順位が載ってるな。

1位 Spanish
2位 French
3位 German
4位 American Sign Language(手話)
5位 Italian
6位 Japanese
7位 Chinese
8位 Latin
9位 Russian
10位 Arabic
・・・
・・・
・・・
・・・
15位 Korean

157 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:57:06 ID:A+QQD+zM
死ぬ前に行くべき都市トップ10
http://awcbee.com/2007/11/15/ten-places-you-must-visit-before-you-die/

1.東京
2.リオデジャネイロ
3.アラスカ
4.モロッコ
5.フィジー
6.トリニダード・トバゴ
7.ペテルブルグ
8.カイロ
9.パリ
10.NY


158 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 19:57:08 ID:3HfpR6d0
>>155
編曲・アレンジバージョンとかは沢山出てるが、あんなノリか。

159 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 20:04:23 ID:5EjcVN8E
>>157
リオデジャネイロ、アラスカを押さえて堂々一位か・・・ってこれってすごいのか?

160 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 20:37:43 ID:9xrMAgL5

104:2007/11/09(金) 12:21:49 ID:???0
これどこかで誰かも書いていたんだけど、海外の英語の掲示板で
韓国の掲示板には韓国人が、中国の掲示板には中国人が集まるんだけど
なぜか日本の掲示板には日本人以外にも韓国人と中国人が集まる傾向がある。
よっぽど日本に関心があるんだねー。

161 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 20:43:05 ID:oJw81g14
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




162 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 20:46:41 ID:9xrMAgL5

【科学】日米の科学者、ヒトの皮膚から人工「万能細胞」〜受精卵使わず、多様に分化[11/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195604439/l50

【科学】人の皮膚から万能細胞作成にローマ法王庁がお墨付き 「倫理的問題とみなさず」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195703925/l50

163 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 21:01:51 ID:ltjCKEmV
>>153

聴けば解るが、ダメダメな作曲だったからだよ。

164 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 21:34:31 ID:17rzYeKQ
五七調て替え歌簡単なんだよな
俺は君が代諸人こぞりてバージョンというダブルに不敬な替え歌歌ってた

165 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 21:37:01 ID:17rzYeKQ
替え歌の意味が普通じゃないな、取替え歌だな
許せ、不敬罪はともかく

166 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 22:24:31 ID:/nsn11nC
ニコニコ動画ならどうでもいいんだが、「新君が代(2008〜)」という名前でドラクエOPの替え歌がYoutubeにうpされていたのに凄いむかついた。

167 :日出づる処の名無し:2007/11/24(土) 23:24:49 ID:8jwVnxur
>>66
でもコレラが流行った1822年(文政5年)と1858年(安政5年)は10万から30万の人が死んだらしいぞ。

168 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 00:20:16 ID:jvoB5G3r
【国内】 “法改正前に駆け込み” 不法入国の疑いで韓国人逮捕 「20日以降だと指紋を採られる」 福岡・博多港 [11/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195915442/

169 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 00:46:22 ID:l07XXina
「白鳥」と「貴婦人」見参…神戸港で操帆訓練
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20071124p401.htm

開港140年の神戸港に23日、航海訓練所所属の大型練習帆船「日本丸」(2570トン)と
「海王丸」(2556トン)が同時入港。2隻で一斉に帆を広げ、<太平洋の白鳥>(日本丸)、
<海の貴婦人>(海王丸)と呼ばれる優美な姿を披露した。
両船同時の「セイルドリル」(操帆訓練)は、阪神大震災復興記念で入港して以来、6年半ぶり。

画像
http://osaka.yomiuri.co.jp/news_photo/zoom/MM20071124092054236L0.htm

170 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 15:56:18 ID:15xfNRkc
>>156
流石アメリカ、実際の移民などでスペイン語の履修が一位ってのがよく判るな。
あとは先祖の出身母体でフランスとかドイツとか。 その中で移民の多い中国よりも日本語が結構健闘している
のが意外だな。 てか中国の関心が高いからてっきりダントツで中国語を皆選択するものをおもてたよ。

171 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 16:17:53 ID:8SOSOyIX
軍関係は確か中国語やってなかったか?
後は金融と政治家・・・・・

結局全部か・・・・

172 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 16:37:45 ID:vEiblRnH
つーか中国語出来なくても向こうが英語できるからビジネス的には
ほとんど必要なかったりするんだけどね。だから途中でやめる人間がほとんど。

173 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 16:39:57 ID:8SOSOyIX
そしてアメリカに中国人が増殖するのか。

華僑嫌いじゃないが、今や共産党やら世界的ネットワークになってる分・・・・

174 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 16:47:10 ID:Zaiv579M
第二外語で中国語やってた時

日本語→英語→中国語、中文→英文→日本語という二段階翻訳してた
つか、大抵の人はそうすると思う

175 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 16:53:07 ID:4dqCPRFB
英語介在しないとだめ?
文法が似てると言われているけど、あまり中国語やったことないから。
かつて中国語の文章で外交できたらしいけど駄目になったのかね。

176 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 19:57:21 ID:G2juTWSv
中国語なんて漢字見ればだいたい意味わかるよ。
文法は英語と同じだとしても、日本人なら英語に変換なんてしないよ。



177 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 21:35:59 ID:JUlymZb+
>175
英語にするとシンプルで意味不明にならないから良いんだな。
日本でも多言語翻訳する物は英語できっちり作ってからローカライズする。
精度とコストが全然違う。

178 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 22:00:39 ID:ztOIlc0e
>>173
第二次大戦まえに大増殖して米国を傾かせまくって、
戦後その反動でレッドパージしまくって戻した、
とかどこぞで言っていたような。

179 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 22:07:33 ID:BtEHt+vo
>>171
ソ連という国があった頃、自衛隊員がロシア語を学んだのと同じ理由でしょうな。
軍に関しては。

180 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 22:19:55 ID:LumCKe09
>>178
真っ赤ーシズムは、誤解されている。
アカを狩ろうとしたと飴メディアは、宣伝するけど実際は国務省を摘発しようとした
と言うのが真相。

181 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 22:29:33 ID:gRpzK0ln
しかし、日本と翻訳先の地域に無い表現とかはどうするんだ?

182 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 23:02:47 ID:cjww8ic5
>>181
ベトナムには「努力する(頑張る)」と言う言葉が無くて、
日本の対ベトナムODA外交はとても苦労したと言う話を聞いた。

183 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 23:07:27 ID:AYbXYES5
単語が無いなら外来語を取り入れるしかないよなぁ・・・・
海が無い内陸の民族の海を表す言葉が、全部外来語とか。
英語だって、11世紀の大陸からの征服で語彙の多くが
ラテン語由来とオールドイングリッシュで成り立っているしな。

「おしん」が世界中に日本人を宣伝したとき
ずいぶん、「日本由来の概念と単語」が伝播したし。
現在はマンガとアニメがそれを行っているが。

184 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 23:41:07 ID:R7SK2SFf
萌えの伝播か





やだな

185 :日出づる処の名無し:2007/11/25(日) 23:42:57 ID:yXE24CFM
日本語の場合は大体が直感的にわかる漢字で表現できるはずだ。



186 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 00:22:16 ID:z00PM6hq
漢字なぞなくとも「はにゃあ」とか「ほひょん」とか「メタッ」とかでへうげんできる

187 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 01:11:28 ID:7Pc3+dqk
>>182
それ確か、「頑張ってください」(激励の意味で)を、通訳が「努力しなさい」(『貴方たちは努力が足りないから』の意味になる)と訳しちゃった件じゃなかったかな?
ベトナム語に限らず、日本人がよく言う「頑張って」は世界各国で翻訳困難だと聞いた事がある。


188 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 01:28:26 ID:V3o5IhGq
普通に、その国の言語で「応援してます!」の言葉をあてればいい

189 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 02:09:48 ID:naz+rlO7
>>182
漫画の「皇帝陛下の包丁人」のエピだよな。
アレ本当にあったことなの?

190 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 04:31:09 ID:SzCvq2o4
そんな漫画あったか?

191 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 04:54:20 ID:z00PM6hq
大使閣下の料理人が越南から始まってたと思うが読んでない

192 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 06:14:53 ID:6zKiF1ng
>>177
なるほど。契約書類関係もそっちの方がいいのかな?


193 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 07:18:08 ID:uzb5JRrd
>>192
例えば日韓の外交文書だと「日本語&韓国語、英語の二通をつくり、解釈の相違が
ある場合には英語の本文による」となる。多国間の契約書類は皆英語だろうね。

194 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 09:54:42 ID:kfjPtYfX
それじゃ例にならない。
5大国の言語は全て公用語だよ。中国語も含まれる。

195 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 10:09:56 ID:TASlQQKF
姉が金融関係でニューヨークで働いてるけど・・・
中国語使ってるアメリカ人なんて見たことないと言ってたけどな。
もっぱら中国人のほうが英語を使うだけで。
ほんとにそんなに勉強されてるのかな。

196 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 12:18:25 ID:Y2lB+1fV
>>195
実際に履修しているのは、あちら生まれの中国語があまり出来ない中国系の人間じゃね?
シアトルに住んでた時に、親が中国系で、子供がアメリカ生まれ。
なので家では中国語を使うけど、全然かけなくて、中国語での教育も受けていないから、
最近の中国の台頭を見て、そこらのコミュニティカレッジとかで開かれてる中国語教室に子供を通わせる親が増えているとのこと。
私の知人はたまたま通っているのは子供だけだけど、
詳しく聞けば大人の人数もかなりの数になるんじゃないのかな?
カナダ生まれでカナダ育ちの知人の中国人も、
中国語はほとんど喋れないらしいし。
ルーツが中国にある人が殆どだと思う>中国語学習者

197 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 12:30:34 ID:3skPlQ6U
中国語の話者が多いってのは中国の人口と、
主に東南アジアで幅を利かせている華僑と、その業界関係者だろ。
欧米ではやっぱり英語か。

198 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 12:43:23 ID:Z8jwPBWZ
日本人なんか学生全員が英語を勉強してるじゃん。
勉強してるからといって、モノになるとは限らないしね。

199 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 12:57:17 ID:iUe41nwO
>>198
確かに喋れはしないが、かといって全く”読めない”訳ではないからな。
インターネッツで英語は役に立つ事役に立つ事。 最新の情報など、英語圏ではゴロゴロ落ちてる。
高校卒業程度の英語をまともに履修したのなら、辞書片手に何とでもなる。
てか、使えない翻訳ツールの助けを借りたりするなら、尚更自分でおぎなえるしな。

200 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 17:52:50 ID:kHNcBxPl
>>199 「英語」を「日本語」に置き替えてみた。

確かに喋れはしないが、かといって全く”読めない”訳ではないからな。
インターネッツで日本語は役に立つ事役に立つ事。 
最新のエロやアニメなどサブカル情報が日本語圏ではゴロゴロ落ちてる。
高校卒業程度の日本語をまともに履修したのなら、辞書片手に何とでもなる。
てか、使えない翻訳ツールの助けを借りたりするなら、尚更自分でおぎなえるしな。

日本語はすでにできるし、オレも英語をあらためて勉強しようかと思ったw

201 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 19:05:39 ID:l6toCJn1
PCは英語圏の人間が作ったものから、英語を改変した言語が使われているんだけなんだろうけど、
他の国の言語はPCに向いているんだろうか?

202 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 19:35:26 ID:htbN/3B0
>>195
トヨタやソニーの企画会議は参加者全員が日本人でも英語で会議やってるよ。
金融系だと英語で契約書類や英語の給与明細書発行する所も多いし。

203 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 20:31:43 ID:MZQEqugw
>>202
トヨタやソニーじゃなく日産だろう。

ただテレビ会議とかあるから実務者レベルはかなり英語。
関係ないが非英語圏の方がお互い遠慮と慣れがでてきてる。

204 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 20:39:11 ID:htbN/3B0
>>203
日産もそうだけど、日産よりもトヨタの方が英語導入早かったよ。
ソニーもトヨタの後を追って導入した。

205 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 21:32:28 ID:+QC0U1OW
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




206 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 22:30:12 ID:tpvqnOrx
日本の企業なら日本語で通すことで日本語を第二の国際語にすべきだ。
取引相手、海外の支店がこっちに合わせるべきだろ。



207 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 23:08:35 ID:3skPlQ6U
何でわざわざ外国語で会議するんだ?
どこの国の反日企業だ。

208 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 23:46:04 ID:XsomMbVs
>206
スレ違いだがYes, Noが先に来る英語の方が理解に齟齬が無いだけの話で
くだらん面子で社内が迷走するよりはマシなんだな。

英語使ってる企業は大抵外需優先だったりするから
本店の判断が一意で支点に伝わる事の方が大事。

曖昧な日本語連発は異文化間でのオブセッション全開。
発言は簡潔に。まず結論を先に、次に理由を述べよ、だな。
日本語->英語にすると齟齬が生まれる。これ定説。

特に外人は言い回し(日本的二重否定=消極的支持など)から
事情を読まないので、煙に巻く単語、言い回しは絶対にいけないし、
日本人でも誤用が多い「役不足、吝かでない」とか使われると困る。

日本人の方が間違って使ってるのに、
外人が正しく酌み取って揉めたらどうする?

209 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 23:48:23 ID:YoltKiK2
>>206
その通りだよな。
英語の方が便利なのはわかるけど、
そこで屈指たら日本語が世界で普及するチャンスは
一切無くなるだろ。


210 :日出づる処の名無し:2007/11/26(月) 23:50:06 ID:xxG5hGtg
日本語でも明確な表現は可能だろ。

しにくいけど。

211 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 00:08:37 ID:7UiQcUo4
>>210
要件の明確化は日本語の方がし易いんでは?
個々の言葉の持つ意味の範囲が狭いと聞いたことがあるし、語順と文法が
切り離されているから、後から説明をずんずん補足する様な云い方も出来る。
寧ろ、曖昧な云い方をすることも出来るというべきではないか。

ただ、そもそも言語自体には性能差はなくって、言葉を操る奴の性能と心がけ
次第だと思うんだよね。本当に判らせようと思って話してるのかと。

日本のある種のオヤジ共は責任回避や、意見がないのに意見がある様な
フリをする傾向があり、そういう時にケムに巻くような曖昧な云い方をする。
そして、日本語はそれがし易い。そういう事情なのではないかと。

212 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 00:29:23 ID:VPNZe8QH
>>210-211
結論としては英語の方が異文化や外国人との交渉前提では
合理的という事になるな。

213 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 00:36:39 ID:z73cereu
英語も古典からぜんぜん変わってきてるからね。

ただやっぱり英米の強さというかビジネスとかここずっとやってきたわけだから、
そういう言い回しや単語とかの意思の疎通のフォーマットの強みがあるんじゃないかね。
日本語は単語では結構広まってるけどね。

214 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 00:41:30 ID:pA5hr7Qj
>211
文法的にYes or Noを強要できる英語の方が拘束力が強い。
計画の是非を問われた時に、

1.私はこの計画に賛成です。但し条件Aなら反対、条件Bなら部分的に賛成、条件Cなら代替案を出します。
2.私はこの計画が、条件Aなら反対、条件Bなら部分的に賛成、条件Cなら代替案を出します。

では全然違ったりする。
2.は判断を明確にしてないんだけど、日本語だとこれが通用する。

日本語で「この質問は(はい、いいえ)の二択ね!」って言わないし、
何を聞かれても否定の「いや、」から入る馬鹿が多いのも日本の会議の一コマ。

215 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 00:49:05 ID:3qb7Zly3
2だって「この計画」を主語にすれば英訳できるだろ。


216 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:00:48 ID:zNWkvdpV
明確にするかしないかは、
匙加減だべ。

217 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:05:04 ID:tlz0rR/P
>>214
それで、御社の提示可能な条件は?

218 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:17:37 ID:CPA1SWpt
>197
欧米はやっぱり英語か?
そんなことはない。特にフランス人は英語が嫌い。
今猛烈な勢いで増えているのが、日本語愛好者。
観光案内所は、日本語できるフランス人が待機している。
使いたくってしょうがないんだが、肝心の日本人はビビってしまって、
日本の旅行会社の現地支社に行ってしまう。
だから、ためしたくても、ためせないフランス人の日本語のできる人。
ぼくは、数年前、それにつかまって、ずっとなめらかに出てこない日本語に
つきあった。
それから、オーストラリアはフランス以上に日本語を中学からやっていて、
うまい人が多いよ。
気をつけなければならないのは、やつらの練習台になること。

219 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:21:06 ID:mAeiC28t
なってやれよ。練習台w

220 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:25:30 ID:pA5hr7Qj
>215
「英語で」yes or noの是非を問われたら2.は答えにならないのでNGって事。

日本語なら保険の約款みたいな冗長で鬼の様に入れ子の条件分岐の羅列で
主語と結論が分かり難い回答をする事もできるって事だな。

>217
賛成の反対、反対の賛成なのだが、賛成してないから反対もしてないのだ。

221 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 01:25:47 ID:gSGo/e/n
まるで70年代の日本へ観光に行く欧米人に対する
注意事項ですな。

222 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 02:10:54 ID:E3mlWoIC
>>218
>今猛烈な勢いで増えているのが、日本語愛好者。
フランスじゃないけど、去年初めから今年の6月までドイツに住んでたけど
ヨーロッパはテレビ見てると中国文化や中国経済の特集が凄い多い。
ほぼ二日に一度は中国に関連してる何かをテレビでやってた。
日本のことは一ヶ月の間に1回か2回、テレビで見るか見ないかぐらいだったよ。

223 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 02:14:23 ID:zNWkvdpV
やっぱり世界は中国か。

それも、いいんじゃね?

224 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 02:49:45 ID:1MDUS29S
「ドイツでの日韓の評価 」

>今の ドイツは 皆 日本 熱風です

だそうですが?w
ttp://enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tfree&nid=363021&st=title&sw=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84


スペイン、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、、いまヨーロッパはどこも中国・朝鮮人移民が
増えて社会問題になっている。憎まれ者の厄介者だよ。
問題視されてるのを人気と勘違いするなw

225 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 03:01:49 ID:zNWkvdpV
いやいやいや、そうじゃない。
流れだよ、流れ。

そういうのも面白い。

226 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 04:39:29 ID:avhm/9ii
中国語や江戸言葉とかはどうなの?

227 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 05:19:03 ID:nTb5RMwu
中国が経済で台頭してきたから欧米で中国語学習者が増えている

・・・というともっともらしいが、実際はいつもの中共の自己宣伝だろ。
そもそもビジネスの現場で中国語が読めて何になる。
中共の嘘とはったりばかりで何が真実かもわからない新聞や雑誌、
粉飾された統計や書類。あんなもの読む必要はない。
残るは会話だが、アメリカのビジネスマンが中国語で会話してるところなど想像もできない。
ふつうに英会話してればいいだろ。

日本語のように個人の好奇心から読みたい、知りたいものもないのに流行るはずはない。

228 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 08:17:06 ID:sWljobpg
話し言葉と文字言葉のどっちか書いてもらいたいな。
ビジネス目的なら文字言葉で十分だと思うが、
つか話し言葉なぞ一部でしか使えんだろ

229 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 11:36:16 ID:dLQ/YYzi
>>227
交渉を有利に進めるために覚えるのはアリだぞ。例えばアメリカ-中国間の取引で
中国人同士が中国語で会話を交わしたときに、その内容を聞き取れるのは有利だ。

自衛隊の幹部は英語・ロシア語・中国語・朝鮮語のいずれかを学習するが、これも
戦場他で有利に働く場面があるからだ。

言語は別に友好目的で覚える訳じゃないんだよね。

230 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 12:51:51 ID:0MtzOPT6
>>227
あっちに移民した中国系移民者が少し前から中国が景気いいんで、
「同じ中国人」というコネ利用して仕事を手に入れるため
習う人間が増えたってのが理由じゃないの?

231 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 12:56:53 ID:3jof0DxS
>207
役員にも外人増えたし、国際化がどうのこうのじゃなく

英語だと言いたい事、言うべき事がハッキリするから
日本語の回りくどい言い回しで論点ぼかされて時間掛るのが避けられる
っつーメリットがあるかららしい

あと、ビジネス関係ない理由で、心情に訴えたり罵られたり個人攻撃みたいな無駄がなくなるし
そのまま海外事業所に会議内容送れるし

発言の前に時世の挨拶入れたり、上司や関連におべっか使ったりと、
日本語会議には確かに無駄が多かった

下っ端の社員や、中堅未満メーカーには関係ないけど

232 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 13:14:22 ID:JVAyuujp
>>231
問題は英語が喋れないと、その他能力のある人間でも、主流に立てれないという弊害も出てるんだけどな。
結局、仕事が出来ないのに英語で能弁だから、なんていう人間が持て囃され、肝心の製品開発や
社内の重要な意思決定に際して動脈硬化を起こした、なんていう笑えない事例もある。
現に英語偏重を止めて、日本語使用に戻した、なんていう企業も現実に存在するぞ。

程度問題なんだよ、実際の話として。 英語は確かに役に立つ”国際共用語”だ。
だからといって、母国語でのコミュニケーションより、英語が優れているなんてのは馬鹿の極みだ。
それならばいっそ、日本語を捨てて英語を日本人の言語として採用してしまえ、という話になる。

まあ実際の話、能力のある奴は、言語の壁すらも軽く越える奴が多いけどね。
しかし言語しか能のない奴も、この制度のお陰で逆に救われているというのにも困ったもんだよ、全く。

233 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 13:14:31 ID:icMADILv
>>231
外人役員が増えたとか海外事業所との連係というなら、良く分かった。


>ビジネス関係ない理由で、心情に訴えたり罵られたり個人攻撃みたいな無駄がなくなるし

>発言の前に時世の挨拶入れたり、上司や関連におべっか使ったりと、

その辺の事は言語がどうとかじゃなく、会社の体質の問題じゃないのかと。
英語会議にして会議の無駄は減ったとしても、体質が治った訳ではなく隠れただけで、
会議室の外では組織が腐りかけてるんじゃないのか。

234 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 13:14:31 ID:BemBXk1D
>>61
そういうのがあるから帰宅したら風呂にはいり服も変えないと
自分の部屋に入れないんだけどちょっと変かな
外から持ち込んだ物は全部アルコールで拭いてからでないとだめだし

235 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 13:21:02 ID:55GYeMih
>>234
ちょっとどころじゃないんじゃね?

236 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 13:24:31 ID:BemBXk1D
そうか・・・これでも少しルーズになってきたんだけどな
まだ誰にも言えないか

237 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 14:11:53 ID:D57nZBOf
「日本の家屋は狭い」という誤解
ttp://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20071125

『日本は世界で第何位?』(岡崎大五著・新潮新書)より。

【一軒あたりの平均床面積(u)(世界の統計2006)
1位 アメリカ  162
2位 ルクセンブルク  126
3位 スロベニア    114
4位 デンマーク    109
5位 日本       94.85
6位 オーストリア   92
7位 フランス     90
   トルコ      90
8位 イギリス     87
9位 チェコ      84
10位 ポルトガル    83

>このデータを見てみると、世界的にみれば、けっして「日本の家は狭くない」ということがよくわかります。
>そして、日本人にとっての「外国」との比較が、あまりにアメリカとのものに偏っているのだ、ということも。
>突出して広いアメリカの「一軒あたりの平均床面積」に比べれば、日本の家はヨーロッパ諸国とほとんど
>同じくらいのなんですよね。



238 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 14:19:10 ID:3lK8Ycuj
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




239 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 18:17:33 ID:17wj3QPk
床面積はそうでもないのかもしれないが、それでも日本の家屋は窮屈さを感じる。
住宅街だと家と家の隙間がなくびっしりと建っているから。
ちょっと大声で話すと隣の家に聞こえるし、ちょっと外出するとすぐに鉢合わせになる。
もう少し隣家と距離があったらなあと思う。

240 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 18:28:58 ID:Xa4VmBY3
>>237
かつて日本人をアリと言ったフランスの大臣がいましたけど、
そっかー、フランスよりか広いんだ・・・。

241 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 18:37:27 ID:avhm/9ii
日本の家が狭いってのは、江戸時代の長屋の印象が強いんじゃない?
また、中国やブータンがランクインしてないのは驚き。
中国はあんだけ面積あって、宮殿や旧都市は広く、人口密度は日本より遥かに低いってのに、庶民の家は小さいのか?
ブータンはド田舎でも、白川郷と同程度の広さの民家が数多くあると思ってたんだが…

242 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 18:45:03 ID:CIsDaxFL
でもこれって所得無視して上から下まで
いっさいがっさいまとめた数値なんだよな。
同じ年間所得を抽出して比べたら
また別な結果が出そうに思えるけど。

243 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 19:30:27 ID:veqHSdtJ
日本の家は狭いってイメージは
フランス語で書かれた「日本人はウサギ小屋(フランス語ではウサギ小屋に集合住宅の意味がある)に住んでる」
ってのを英訳した時にそのまんま「ウサギ小屋」って誤訳したのが元じゃないかな?

244 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 19:41:16 ID:JG0oIJlq
どっちにしろあのアマは反日だけどな

245 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 19:53:48 ID:J7tov8kr
まぁ日本人はアメリカ人の家想像するのは確かだけどね。
日本の場合トップの人も質素というか。
日本の場合あまり休日とかにお食事に招くってできないから。(居酒屋文化というか)
庄屋のような旧家は別だろうけど。

246 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 20:54:27 ID:21/diPpb
>>237
それ読んだ。
日本じゃ欧米ってひとくくりにするけど、例えばホテルにしても
アメリカタイプ→広いけど簡素な作り。あと交通の便が悪い。休むにはいいよ。
ヨーロッパタイプ→凝ってるけど狭い。膝折って寝るそうな。
という違いがあるんだと。

あと日本の都市部じゃ建物の寿命が短いから、小屋というのもあながち間違いでも無いかもだって。

247 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 21:28:24 ID:g/K7OAsA
>>239
田舎は無駄に部屋が余ってるし、蔵とか、倉庫とか
いろいろあるしなあ。

248 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 21:30:50 ID:g/K7OAsA
>>241
江戸の町人が住む地域って地図見ればわかるけど、
異様に狭い。狭い地域にみんなでごちゃごちゃ暮らしてた。
狭いからって、海を埋めながら。

のこりの広大な地域は武家屋敷と寺社。

249 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 21:54:53 ID:hUAVWOGE
>>237
日本の人口密度って、世界5位。
ただし、対象地域内に人の居住できない水域や山岳地を多く含むところでは、
見かけ上の人口密度は低くなったりします。
そこで「可住地面積に対する人口密度」という考え方が出てきますが、
「可住地面積に対する人口密度」という考え方からしても、
森林比率が世界でも3位以内に入っている日本は、どう考えても可住地面積は狭く、
「ウサギ小屋」って表現は妥当だと思っていました。
この数値(一軒あたりの平均床面積)は興味深いですね。


250 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:11:28 ID:6B/Nl6pl
>>222
確かにドイツは欧州の中でも中国に対する興味がかなり強い方
ドイツ語Wikipediaの記事別アクセスランキングだと
他の言語に比べてかなり上の方に中国の記事がくる
文化に関しては東アジア≒中国みたいな漠然とした感じだろうな オタク以外には

こんなのがまかり通る感じ
My Samurai - Shanadoo
ttp://www.youtube.com/watch?v=2qRENbIWU5g

251 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:20:38 ID:lb4ugoiZ
ベルリン忠臣蔵みたいなのがたくさんつくられてるのか?

252 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:30:21 ID:ktfSiPiG
イギリス個人旅行でB&B(個人住宅の民宿)に泊まったけど、
日本でいう4畳半、6畳程度のツインルームにちょっとびっくり。
インテリアはお洒落でホストマザー・ファーザーは親切で何の文句もありませんが。

コーンウォール地方の中世の城跡でも一部屋が2〜3畳程度でした。
「日本人は代々狭い家で暮らしてきた云々〜」は反論してよいのかも?

253 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:34:29 ID:/TmdgG6X
>>250
日清戦争の鎮遠・定遠作ったのはドイツだしな。
ドイツは何かと中国と縁がある。

254 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:54:35 ID:Snc5SQCe
蒋介石軍に軍事顧問も派遣してたし。

255 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 22:55:48 ID:SIOsi5e7
国債企業の会議の英語化について話が進んでるけど、英語でもあいまいな表現はできる。
ただし、英語を十分理解していないとできない。この辺は日本語と変わらないらしい
(私はそこまで行き着いていないので伝聞ですが)
で、日本人が英語で会議しようとするとまず訳すときに内容がない文が訳せない(能力がない)ので簡潔になり
本来必要のない挨拶の知識も媚を売る言葉も普通は学習しないので出来ない(してても相手がわからない)。
結果、意思疎通が効率的になるそうです。
>>233が言うように本質は隠れただけなので、会議に出る人間の英語能力が上がると破綻します。
これを改善するには、義務教育下での教育しかないんですが、改善は難しいでしょうねorz

256 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:07:16 ID:I30vFn/u
英語もやりようによっては、いくらでも意味を迂遠に
表現することができる言葉なんだけどな。

257 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:36:25 ID:RIdz/vPH
向こうの基準に合わせてばかりいるから、欧米に国際ルールを牛耳られるんだ。


258 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:41:13 ID:3lK8Ycuj
>>255
日本語での会議でも曖昧な表現、無駄に冗長な表現を非難する風潮にすればいいだけだ。
内容より意識と性格(逃げる、感情的になりやすい等)の問題。

259 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:44:52 ID:5DzZ+K7s
【フランス】燃えるパリ 05年の暴動再現か 2夜続いた暴動事件で警官82人が負傷、車63台と図書館など建物5件が放火される[11/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1196174248/

260 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:49:24 ID:8MrJ1WCL
>>258

>日本語での会議でも曖昧な表現、無駄に冗長な表現を非難する風潮にすればいいだけだ。

どうやって?

261 :日出づる処の名無し:2007/11/27(火) 23:54:44 ID:bTDCLtv0
要点を言いたまえ、要点を。

262 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 00:06:55 ID:hGuE6Swh
>>260
ガキのころから叩き込む。これが一番確実
小学校の学級会(軍隊は要る要らない?なサヨ会議だったが)で
「本当のことをズゲズゲと言うな」とか言い出すのが教師だとどうしようもないが
(実体験

263 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 00:11:37 ID:207kMCUr
>>260
社内だったら会議をしない。原則、上意下達で進め、命令は書面(メール)にする。
これは真面目にやると、上が凄くしんどい。

264 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 00:59:48 ID:3XITodkz
今読んでる本が結構面白い。
万延元年の遣米使節がペリーの家を訪ね、ペリーの妻に会った時のこと。

ペルリは我鎖国を開て和親を取結し大功を奏しければ重く賞されけるが、
三とせ先に身まかりしとぞ。こたび使節参りけるはこの人の功とて
また新しく唱けるよし語ければ、はからずもこの家に来り在りし世なれば
と云いければ、老婆(ペリーの妻ね)涙ぐみて言葉もなかりけり。

読んでて和んだ。希望があれば他の面白話とかもうpするよ。


265 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 02:17:44 ID:nIUkXRbk
日本語でおk

266 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 02:22:26 ID:eBqg+97I
現代日本語でおk

267 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 06:51:20 ID:/VKEv7T0
イギリスと日本でちょっとした外交問題が発生した時の話に
難解な言いまわしとかあったな

268 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 07:22:30 ID:yAkV3yuu
ペリーの言葉は英語だったわけで、
当時の文語調訳を重宝する意味は全くないな。
現代語訳だろうと訳には変わりないわけで。

269 :凛甲:2007/11/28(水) 08:28:41 ID:CvrAOYMR

日本の家屋の場合、各部屋ごとに収納(要は押入れ)があって、
布団や一部の家具なんかは、一々片付けるから、そんなに
狭くは感じないんだよね。

>>264 砲艦外交やったペリーにまで感謝するなんて、日本人は偉いな。

270 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 09:29:01 ID:rjRbhHq9
昔は今と違って鍵もかけねえ開放的用法だったから、同じ面積なら今より広く使えたかも

271 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 10:27:30 ID:ycDgXkGN
>>264
ってか本のタイトル希望w

272 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 12:58:18 ID:ffweT5JB
>>255
それって却って意思疎通の障害にしかならない、と自ら告白しているようなものだぞ?
意思疎通が効率的になるそうです、っていうが、それは能力不足から簡潔な表現しか出来ないだけの
話で、微妙なニュアンスを含む抽象表現を切り捨てているだけの話となる。

自国語でさえ十全な意思疎通は難しいというのに、そんなレベルの会話に終始してしまうようでは、重大な
判断ミスをしてしまう危険が高いんだが?
表現が拙いのでどうしてもYES、NOで答えてしまう。つまり2元論的なロジックに陥りやすい。
そうなるが故に結論が極端なモノになり易く、重大な判断ミスをしてしまう。

日本語で婉曲表現を使った言い回しは、日本語の特性もあるが、多分に民族的、文化的側面が故の話。
日本語がそうだから日本人はあいまい表現を好むのではなく、日本人が婉曲を好んだからこそ、あいまい
表現が発達したと捉えるべき。

まあ無用の摩擦を生むのを極度に恐れる日本人の特性といえばそうなのだが。
その代わりとして、協調性を重んじるからこそ、これだけ日本企業が欧米諸国に十分対抗できるだけの力を
つけたという利点もあった。 それらをトレードオフしてまで果たして日本企業にとって十分メリットがあるか、
良く考えないとな。

273 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 13:01:42 ID:lKOVQRAr
わかりにくかったようでスマソ。
本のタイトルは「幕末遣外使節物語 尾佐竹猛」講談社学術文庫からでてます。
かわりに笑えたので文久3年の池田筑後守一行の話。

使節の1人がホテルで食事する際フォークとナイフをもった手が鼻の処に来た時
どうも臭くて「???」となった。そこで塩田という通訳を呼んで
手が臭い人(以下、臭)「どうも自分の手が臭いのだがどういうことだろう?」
塩田「食事の前にどこにいらっしゃったか?」
臭「うむ、トイレに行っていた」
塩田「そうですか」
臭「それから手を洗ったのですが、どうもここに来てから臭くてしょうがない」
塩田が手を嗅いで見ると正に小便の臭いがする。
塩田「手を洗いましたか?」
臭「トイレの上の方にある棚の上に水の入った壷があったからそれで洗った」
それが外人の小便壷だとわかり、大笑い大騒ぎになった。

外人は手を洗う習慣がなかった為、使節の多くの人が小便で手を洗ってしまったそうな。



 

274 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 18:30:49 ID:rPpr11x8
ちょっとまて、なんで小便器が上の方にある?
外人の小便は水と間違えるほど無色透明なのか?

275 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 18:33:29 ID:N4HItncd
それより小便て気付かずに手を洗うのは無理だろ。

276 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 19:07:31 ID:OW0e1vmV
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




277 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 19:08:38 ID:3XITodkz
綺麗な壷だったようで他に手を洗うものもなく、開けてみたら少し濁っていたが水だった。
このホテルの辺りの川の水が濁っているのでこんなものなのだろうと納得してしまったらしい。
と、使節の御付の理髪師の日記に書いてある。
奉行(たぶん正使の池田筑後守)も小便で洗ってしまったと書いてある。

278 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 19:18:36 ID:ewEcb1hw
臭いでわかるだろ

279 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:02:59 ID:MIdsCPol
汚いな外人
トイレ行ったら手ぐらい洗えよ

280 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:04:24 ID:DfP43z6M
手を洗う習慣がないって・・・日本人でも男だと2,3割くらいは手を洗わない奴いるけどよー


281 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:20:08 ID:HfUjGWWC
>>279
手なんぞ洗わん。しかも、昔は素手で食事。

282 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:39:48 ID:/SeMpHDe
>>253
日中戦争のときに中国に武器を売りまくっていたのもドイツだしな。
連戦連敗の国には、中国がお似合いさ。

283 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:45:58 ID:rPpr11x8
大昔は西洋が東アジア以下だったとか、中国が世界一だったとか、どうしても信じられん・・・

284 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 20:50:00 ID:Gqgr8I/Z
>>274
昔は暗かったからよく見えなかったんじゃね?と想像。

285 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 21:02:25 ID:LJ8ejzzy
未だに、ヨロッパの人間はトイレの後手を洗わない奴多いよ。
女でも。
向うのドミトリにちょっと滞在させてもらった時、吃驚した。
フランス人は特に・・・

286 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 21:10:45 ID:s/yxOCH6
>>285
自動的に便器の蓋が開いて、用が済んだら勝手に洗っ温風で乾かして、
立ち上がったら勝手に水が出て、トイレの中の物に一切触らなくても、
日本人なら手を洗うよな。

287 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 21:15:06 ID:esCf1zoR
肛門水洗い機はどうも痔持ちにはよくないようだ。

288 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 21:24:33 ID:efsy3qR7
病院みたいに貯めてから捨てるんだろう

289 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 21:26:08 ID:HfUjGWWC
いや、肛門洗い機は、実は金玉の裏側を刺激する為にあるのですよ。

290 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 23:17:47 ID:nW4vfxQE
”黒幕”は(中国共産党)党内序列第5位の大物!
http://www.wldintel.com/

中国の宣伝戦を担う「中央対外宣伝弁公室」&「中央宣伝部」

中国の宣伝戦を指導する最高責任者が、今年10月の共産党大会で序列8位から5位にアップ!

■2つの顔を持つ宣伝機関
 中国は世界にも稀に見るプロパガンダ大国だ。革命戦争の時代から思想戦・宣伝戦・心理戦とい
ったものが極めて重視されてきたが、その伝統が今の時代にも引き継がれている。
 現在、中国の対外プロパガンダを統括する機関は、共産党中央直属の「対外宣伝弁公室」という
機関である。この組織は、党中央直属組織でありながら、同時に政府(国務院)の「新聞弁公室」で
もあるという2つの顔を持つ。対外的には「政府機関ですよ」という正統性を持ちながら、その実は党
中央直属組織ということで、実質的な権限を持つようになっている。言わば外向きの顔(政府機関)
と内向きの顔(党中央機関)があるわけだ。
 中央対外宣伝弁公室(=国務院新聞弁公室)の機構は「ニュース局」「国際交流局」「映画・テレビ
・出版局」「インターネット局」等といった編成になっている。

 主任(室長)は蔡武という人物である。蔡武主任は1949年生まれ。出身地である甘粛省で役人生
活に入り、同省煤炭局政治部幹事、北京大学国際政治学教員、共産主義青年団中央国際連絡部長、
同中央常務委員、副秘書長、全国青連責人、中央連絡部研究室主任、同副秘書長、中央対外連絡
部副部長などを経て、2005年8月より現職に就任している。

291 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 23:18:56 ID:t3OXCIYy
>>222亀だが。
仏独なんかは中共に武器売りたくて仕方ないんだろうな。
逆に言えばそれしか売り込めるものがない。
あいつら中共の軍事力が高まっても構わないし。

シナに武器を売った国には日本文化(つーかマンガ・アニメ)輸出禁止かましてやったらええのに。

292 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 23:51:29 ID:rPpr11x8
むしろ、中国に対して日本文化輸出禁止とかやってほしい。

293 :日出づる処の名無し:2007/11/28(水) 23:53:40 ID:0jvVk+bF
>>292
奴らは、盗んでる方が多いからあまり意味が無いな…残念だ!


294 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 00:01:56 ID:yrGiGkpS
>>285
正解きたw
小便手洗い事件は上海のフランスの宿泊施設でのことですw

295 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 00:04:18 ID:XF5Gjk3o
米の新聞だが、「中国との蜜月」は終わったって題で、
ヨーロッパにとって「中国との蜜月」は終わった。
とあるけど、どうだかね。

296 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 01:51:04 ID:xVtEB+9t
ちょっと長いんだが、なんかいいなぁと思ったのでコピペ。

私の記憶に誤りがないならば、ラフカディオ・ハーンは心身を備えた生身の神、
老いたる農夫を見た。その農夫は、ある夏の夕方、自分の住んで居る岬から、
巨大な津波が押し寄せてくるのに気がついた。水平線の果てに現れたその大波は
みるみる巨大に膨れ上がり、陸地に近づいてきて、村人全部をその波間に
呑み込んでしまうかと思われた。農夫はためらうことなく自分の手で収穫したばかりの
稲わらと穀倉に火をつけた。彼がどんなに叫んでも声の届くはずのない丘の上に、
火の手を見つけた村人たちが駆け上がってくるのを願ってのことである。
村人たちが感謝して彼のために建てた寺は、この農夫の家から遠くなかった。
耕している田畑から、彼はそのわらぶきの屋根を、木立ごしに見ていた。
日々の生活の中で、人びとがこの農夫に対して神としての敬意を表していたろうとは
私は思わない。しかし、この土地の子供たちは、いつからかこの人物が神の魂を
実際に宿したことを知っていた。ヨーロッパの人たちが日本の無宗教について語るとき
――ある人びとはそのことを嘆き、他の人びとは、もっといけないのだが、
それをほめそやすたびに――人びとは肩をすくめずにはいられない。
神がその路上を歩んでおり、その屋根の下に住んでおり、
神の誇りとする行為がその存在の目に見える閃光にほかならないと、
こんなにも信じている国民を、私はかつて見たことがない。

フランス人、アンドレ・ベルソールの「明治日本滞在記」から。らしい。


297 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 02:07:57 ID:yrGiGkpS
>>296
それ知ってるw
小泉八雲全集で生神様の記述をみたなあ
老人は神様としてまだ生きている時から敬われて、
その話を八雲が海外に紹介して
孫かなんかがイギリス行った時にあの神様の子孫です、
と紹介されて人気者になったとか


298 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 06:47:46 ID:bstA8ozU
これの7分過ぎのところで出てくる浜口梧稜だな。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm583685

その後私財をなげうって100年後のために堤防を作り、実際に92年後の
昭和南海地震の津波がその堤防で防がれたという話。

299 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 07:58:52 ID:KL+HvAdH
>>296
「稲むらの火」
って話だったっけ。昔は教科書に載っていたのでみんな知ってたらしい。

二宮尊徳と同じで、日教組的に都合の悪い人物なので
載らなくなったっぽい。

300 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 08:03:13 ID:hOlUkbeY
どうでもいいけどニコニコは、
サンタ狩りを削除しないのか?

301 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 09:07:46 ID:Oi2sZwdh
>>299
なんで日教組にはよろしくないのかな?
お二方とも立派な人物だと思うのだが。
日教組って教育を歪めまくっているよなぁ。


302 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 10:28:32 ID:KL+HvAdH
>>301
立派な日本人で
農民出身なのにわりかしお金持ちで
しかも権力者なのに世のため人のためになることばかりして、
あとには身分がお侍さんになったりして
というところが、


日本人が素晴らしいと教えたくない日教組、
農民は搾取ばかりされていたと教えたい日教組、
権力者は搾取ばかりして民衆の敵だと教えたい日教組、
江戸時代の身分制度は支配者が考え出した差別的でひどい制度だ、と教えたい日教組
には

とても許しがたい存在なので。。

303 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 11:58:43 ID:AOm6DNPa
なんで「日本教職員組合」を名乗る奴らがそんな事をしているんだか・・・
特定の時代を価値観で判断して良し悪しを判断するとかならまだしも、
意見も何も無い、事実だけを載せるのの何が悪いんだ?

304 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 12:14:13 ID:jMdudRrM
右翼的だから(笑

305 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 12:41:36 ID:5gpjmwn2
>>302
「苗字帯刀を許される」事が当時どれほど名誉なことだったことか。
教えないんだろうなぁ

306 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 13:21:58 ID:9RAN5eo6
ブサヨとサヨカブレは嘘と捏造でしか主張できないって良く分かる事例だね。

307 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 13:43:37 ID:UzZowGQT
>>273

池田筑後守ってこのイケメンか?

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai95-2/index.html

308 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 16:10:30 ID:yrGiGkpS
>>307
本には顔は載ってなかったけどその人であってる
横浜鎖港談判使節団の一行 ってのが文久3年の遣仏使節だけど、読んでて女絡みの話が多いw
例えば写真載ってないけど理髪師青木梅蔵の日記から・・・

パリの劇場で芝居見物していると美人が1人そばにきて、なれなれしく話しかけてきた。
自分はこれまで日本においてさえ、女性から親しく物を言われること更になかったため
どうしようかと赤面していたところ、茶などを売り歩く男がきて婦人に何か話した。
しばらくして酒肴などを持ってきて、まず婦人が杯を取り男から自分へも杯を差し出した。
驚いてこの女は女狐なのか?と呆れていたらようやっと婦人はその場を離れた。
これでようやく安心できると思った。
この婦人は芸妓のようなものでこのようにして男をたらしこむという。
美しい服を着て正に絵に描いた天女のようで、後に仲間にその事を言うと
お前は本当に気の弱い男だなあ、いわゆるタナボタの杯を
なぜ受け取らなかったんだ?と一同に大笑いにされた。

他にもインドの売春宿につれていかれたとか、フランス人に告白して振られたとか
オランダ人の人妻に言い寄って旦那と喧嘩になったとかw




309 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 17:52:38 ID:tCAYO40V
今も昔も変わらんな

310 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 18:14:28 ID:p4vNazvL
>>298
気象庁のサイトに、昔の教科書と実話との違いも載ってるから、読んでみるといいよ
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/inamura/p6.html

311 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 20:25:00 ID:4taZFJm4
>>302
もうひとつ。

日教組的には「全体の利益のために自分が犠牲になることも
厭わない」という自己犠牲の精神というのは大変に宜しくないのだろう。

寧ろ「個人の権利を如何なる時も最大限に追及しなさい」というのが
日教組の教えだ。着々と成果を上げてきた訳だな(怒)。

312 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 20:51:34 ID:+pM8FAIi
>>303
>なんで「日本教職員組合」を名乗る奴らがそんな事をしているんだか・・・
伊達に北朝鮮から勲章を授与されたりはしてませんよ
こいつらがいなければ社会党も民主党もパチンコ産業も存在してませんから

313 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 21:30:33 ID:SuGlSRZj
日教組のルーツって何なのだろな。
僕の曾爺様は東京師範学校の出で教育大で教えてもいた。
そこは日本の教育界の総元締めみたいなところなんだが、
爺様は大変愛国的な人で、中国やアメリカの嘘に憤りながらも
明解にそれを解説してくれるような人だった。

ところがなんということか、その教育界が今では最悪のサヨの本拠地
みたいになってしまっている。いったいどこでどう変質してしまったのか。

314 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 21:37:11 ID:XSfmqLMP
>>291
ドイツは知らんがフランスは台湾にも結構武器を売ってるんだよな、
紛争当事国の両国に武器を売っている国は有るけど、内戦中の
紛争当事国の両方に武器を売るなんてなかなかできることじゃないぞ。

315 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 21:49:20 ID:9RAN5eo6
今も昔も大人ではなく大学生や若者を騙して赤化転向させるのは中共の基本手法だろうに。
軍事侵略がダメなら、プロバガンダロビー工作と学生洗脳が基本。




316 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 22:02:13 ID:gzcILr5O
来年からロシアの教科書もソ連時代礼賛・ゴルビー糞にシフトするらしいね

317 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 22:29:38 ID:+pM8FAIi
>>313
学生時代にテロ活動をしていてどこにも採用されず“でもしか先生”になったからかも
文部省に入れてしまったのが寺脇研「革命を実現するために教育を変えよう」

318 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 22:59:31 ID:9RAN5eo6
子供や若者を洗脳するのは共産党の古典的基本路線なんだって。プロパガンダやマスコミでの情報操作と同じく。


319 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 23:15:17 ID:MBDd6yac
>315
そして最高学府を出た学生は、官僚として国家運営の裏方に回る訳だが・・・・
イギリスでこんな事件があったんだよな。

キム・フィルビー事件(リンク先がwikiですまん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC

>317
寺脇研が来年からコリア国際学園の理事になるそうですな。
(コピペですが)

[44617] Re:[44610] ゆとり教育の責任者 元文科省の寺脇研 コリア国際学園の理事に 投稿者:M情報 増木重夫 投稿日:2007/11/25(Sun) 19:33

在日の師弟をシゴキ優秀な後継者を育てようとする、それ自体は正論にあたいすると思う。日本の1,4倍。
かなりボリュームのある量だと思う。この点に関してはわが国も速やかに見習うべきではないか。

さて、寺脇研氏は自国民を優秀な生徒にはできないが他国民を優秀な人材に育成することには寄与できる、奇特な人だ。

> 日本の子供の学力低下を招いた「ゆとり教育」の旗を振った寺脇研氏(55)は昨年十一月、文部科学省を退官し、コリア国際学園(KIS)の理事に就任した。
  KISは来年四月、在日朝鮮人の子弟を主な対象として、大阪府茨木市に中高一貫校として開校する。
> 朝鮮学校や民団系の民族学校は偏向した民族教育が嫌がられて生徒数が激減し、新しい民族教育をする学校が待望されている。大学現役合格を目指すという。
> カリキュラムは土曜も休まず、中学校で年間1400時間の授業数は、学習指導要領の定める980時間より400時間も多い。
> 寺脇氏の唱える「ゆとり教育」とは正反対だ。
>
> コリア国際学園カリキュラム↓1単位50分 週6日(土曜授業実施) 週39時間 年1400時間
> http://www.kis-korea.org/site/curriculum.html
> ======================================================
>
> 「ゆとり」で日本人の授業時間を年1050時間から70時間も減らして980時間にしたくせに、
> 自分が理事をするコリア国際学園の授業時間は1400時間。日本人弱体化計画だったのでしょうか。



320 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 23:29:03 ID:AOm6DNPa
むしろ、寺小屋教育の延長上にしても問題ない。
当時とても上手くいってた方法であり、
アメリカでさえ西洋とは違うのに、日本が西洋式である必要があるのか。

321 :日出づる処の名無し:2007/11/29(木) 23:36:13 ID:AOm6DNPa
教育の話とは関係ないんだが、これの10分、12分あたりから、打楽器が使われている事を除けばメロディが凄い和風な感じがする
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1537125

322 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 00:23:39 ID:oOA3Nw5L
【ベトナム】 「国内の現実を見てほしい」 来日した国家主席、ベトナム難民に帰国を呼びかけ [071129]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1196348668/

323 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 00:57:12 ID:1S+QwESN
>>319
陰謀論なんて信じたくないが、

日本に不利益を働く輩と、特アの利便を謀る輩は、
カードの表裏みたいにピッタリ一致するんだよな。
そして、身辺も汚らしいことが多い。

324 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 08:51:43 ID:ZOqoa0cG
すでに明謀です

325 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 14:00:36 ID:3hzMmgjw
>>321雅楽

326 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 20:48:38 ID:3hzMmgjw
今の日本には唐人溶画や和人腐画とかを描いている人っていないのかね?

327 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 21:03:54 ID:Z32bZ004
おまいら!
今すぐ声に出して『電気機器』って10回いってみろ。
生粋の日本人ならちゃんといえるよな?

328 :日出づる処の名無し:2007/11/30(金) 21:28:16 ID:9vUojcKA
朝青龍問題の一番のキモは横綱の称号を乱発しすぎたせいだな
単純に強さだけなら、一番強い(ランキング1位、暫定チャンピオン)=大関なんだし

大関+降格の無い名誉称号というものを、どんどん出しまくることの危機感を、
もう少し考えた方がよかった

横綱審議委員会が、個人的感情のガキの戯言&そのくせ周りの目ばかり気にする、
というバカ過ぎた体質だったというのもあるが・・・

横綱は10年に一人出るか出無いか、の現役ながら殿堂入りクラスの超ブランドにして
最強の王者としての大関の名をもっと重要視させ、毎場所、大関を取り合うようにすればいい

いや、むしろ連続優勝必須、試合だけでなく、生き様プライベート込みで相撲道に対して莫大な貢献をした
大(だい)大関が、引退時にやっともらえる称号くらいにすべき

329 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 00:00:29 ID:usAvtkpT
>>313
戦後、GHQの公職追放によって大学はじめ主だった教育者はほとんどパージされた。
国民教育が日本軍の強さの元凶だと睨んだわけだな。
そしてその後釜に据えられたのが戦前、アカ狩りによって投獄されたり放逐されたりした奴らだった。
東大総長からしてアカに染まった人物だったから、教育界が一気に共産主義に染まってしまった。
そしてその教え子たちが日本中に共産思想をばらまいていった。
現場レベルでは当然反感もあったんだろうが、何せ当時の世相は共産革命がいつあってもおかしくないと
感じさせる世の中だったから、革命を恐れて表立って共産主義に反論できなかった。

330 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 01:10:30 ID:451Z4kWm
戦後の日本ってへたれてるよね。

331 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 01:12:41 ID:QSRgBTN4
エリート中のエリートが進学する旧制高校が廃止されたのは日本の弱体化を狙ってのことだとか、
どこかで聞いたことがある。
旧制高校生のマントに下駄は憧れるな。
・・・まあ、どっちにしろおれはバカだから存続していてもなれないがな。

332 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 01:26:42 ID:PcxFXmOU
エリート主義といえばフランスだが
ああいう雰囲気に憧れるかね?
選民思想的でキモイ気がするけど

面白いのは階級差別をなくそうと言ってたアメリカが
率先して階級を作りたがってるところwww
DQN国家ほど階級差を作りたがるんだよな

333 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 02:57:34 ID:HWQsAHpI
>>330
僕は必ずしもそうは思わんけどね。権威無き社会から
経済でも文化でも誰にも計算外のパワーが生まれてきていると思うよ。
米国は常に枷を嵌めようとするが、何時しか逆転される。

正直、朝中韓や露とこれほど近くなければ危機感も持たない。
9条なんかもこのままで逝けるところまで逝くのを見たくもあった。

334 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 03:39:07 ID:GEq7kLsp
戦後日本が巧妙だったのは、
軍事や国防をむしろ米国に丸投げして任せてしまったことだった。
この点、同じ敗戦国のドイツがいまだに徴兵制なのと比べると
鮮やかな対比がある。
これによって経済活動に専念することができた。



335 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 04:48:04 ID:Ph9LNYQ4
鮮やかか?

336 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 04:51:49 ID:iApWhfC6
>>334
今じゃ 本末転倒と化したような

337 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 05:44:23 ID:GM0h9dwU
>334
でも、徴兵制がもし存続していたとしたら、国防・政治や海外情勢に関する
関心はもっと深くなっているでしょう 自分たちの命にも関わる事だし
古来、国防を傭兵に任せた国がどんな末路を辿ったかを、よくよく心して
おかなければならないと思いますよ カルタゴ然り、ローマ然りです


338 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 07:09:12 ID:Y9HB+JMr
>334
吉田ドクトリンですね。

>337
確かに、軍隊自体を”ヨゴレモノ”のように扱っていたヒトもおりますね。

339 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 07:23:07 ID:fbutwBPV
そういう奴に限ってスイスがどうのフランスがどうのっていうんだよな。

要塞国家じゃん。
おフランスは都市ごとだけどな。

340 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 07:40:51 ID:6hcXQpUf
戦後しばらくの戦略としては悪くなかったと思いますね。
ただ途中で方針転換すべきだったが、それが出来なかった。

341 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 10:03:10 ID:ocN3ZGvG
徴兵制は要らんけど、軍事教練は必要だよな

342 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 10:30:30 ID:6hcXQpUf
>>341
何らかの非常事態訓練は賛成だ。
銃持って走り回る訓練はどうかと思うが、避難と人命救助のスキル、
特に非常時にパニックにならないための精神的な訓練は必要だ。
加えて、安全保障に関係する国際情勢の知識と、この国が他国に
占拠されたらどうなるかの考察、他国の扇動を受けないようにする
情報スキルも必要だ。

343 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 10:37:42 ID:FzMl0PLA
>>331
ただ大学の権威すら失墜させたのは70年安保の学生運動だけどな。それまで
学生は特別視されていたから、例えば早稲田の学帽にも被る意味があった。
今学帽を被って歩くヤツがいたらバンカラどころか単なる馬鹿。

日本最高峰の学府たる東京大学であそこまでやっちまったことの影響は後世に
デカかったと思うよ。

344 :日出づる処の名無し :2007/12/01(土) 13:48:59 ID:b/nK/UGp
学生は暇なんだから

夏は北海道で、冬は沖縄で教練はあってもいいですね。

とくに、高校・大学では、国際関係史なんかも混ぜてね。

国民の義務にしてもいくらいですね。

スイスを見習えってね

345 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 13:52:33 ID:13beLgjA
吉田茂マジでむかつく!!殺してやりてぇ!!
そもそも吉田茂がGHQが再軍備しろって命令したときに
徴兵制復活させておけば、こんな情けない状態になって
いなっかたんだよ!!

今では韓国に間接侵略されているありさまだ!
寒流しかり、在日しかり、日本に徴兵制があれば
絶対こんな自体になっていない。
日本にもドイツのようなネオナチのようなカウンター団体が
生まれていただろう。


346 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 13:56:38 ID:fbutwBPV
徴兵制はあくまで反対。
問題は大学だよな。
総本山が・・・・だったし。

正直朝鮮人とはほんと組むなだな。
別にそこまで嫌わないが、本田宗一郎の言葉が身にしみる

347 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 14:06:34 ID:MtMz7UvY
戦後、西ドイツが徴兵制を取ったのは、東ドイツと分断され、正しく国家の存亡に関る事態に
陥ったから。 てかWWIIで負けた時も同様だったんだけどねw
日本も、東日本をソ連に西日本をアメリカに分割統治されるような破目に陥っていたら、
同様に徴兵制を施行していただろう。好むと好まざるを得ずにね。

脅威度があまりにも違いすぎるわな。その意味において日本はラッキーだったかも。
もし本土決戦まで引っ張り、ソ連に北海道や東北を取られるような目になっていたらと思うと
恐ろしくて思考停止になってしまうな。

348 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 14:06:50 ID:QSRgBTN4
>>343
大学、高等学校とは名ばかりのアホな学校が無駄にいっぱいあるしな。
おれが通っていた三流大は品行も下劣で所構わず地べたに座ったりするような馬鹿ばっかだったし。



349 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 15:51:07 ID:KHAFJG2g
>>347

これでもみて元気出せ。

http://ww5.enjoy.ne.jp/~issee/jmap%5B1%5D.jpg



350 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 15:51:41 ID:WglbaI1q
>>347
>日本も、東日本をソ連に西日本をアメリカに分割統治されるような破目に陥っていたら、

これを考えると、降伏したタイミングは結構絶妙なんだなぁ…
ルーズベルト存命の間だと、日本の分割統治は避けられなかっただろうし
トルーマンがソ連を敵として認識していない間や原爆完成前なら、ソ連の
分割案を蹴ることが難しかったしね

351 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 16:10:29 ID:pU36Crb+
>>350
天皇の聖断でスイッチを切ったように一発で戦闘を止めれた点も大きい。
昭和天皇の資質云々ではなく、そういう隠しコマンドが、この国にあって
ちゃんと機能したということ。

352 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 16:12:38 ID:+0NNn1qi
日本の歴史ってそんなに過酷な綱渡りだったのか…((((;゚Д゚)))

353 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 16:23:36 ID:WglbaI1q
>>352
綱渡りしながら二千年の歴史を刻んできてますw
聖徳太子の時代に始まって、元寇・戦国(キリシタンの侵略)・幕末・日露戦争・大東亜戦争と
何度も存亡の危機をむかえているから。
並の国ならこのうちの一つでも国が吹っ飛んでるな…

354 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 16:45:09 ID:T2J2WPPp
>>353
まあ、韓国の歴史と対比するとわかりやすいな。
実際地の利もあるわけだが。

355 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 16:45:53 ID:T+8CiVxj
まぁ、昭和天皇は偉大だった、という事で。

でもこれからはちゃんと自分達で自分の身を守らないとね。
いつまでも運が守ってくれる訳じゃない。

356 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 17:04:11 ID:36MQv1Ce
地の利は、でかいよな・・・
明治維新があと10年遅れてたら、とか考えるとガクブルものだわ。

357 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 17:12:45 ID:LxKDuP4l
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美齢は絶世の美女




358 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 18:22:30 ID:zmIY9YEu
海外における近年の歴史研究で、昭和帝の功績は
カール大帝に等しい言う説が結構な賛同を集めているとか。

359 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 18:47:44 ID:vUJhHELM
こういうレスは何がしたいんだろうな。

360 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:06:39 ID:64J4hBU1
wikiで盆栽について調べていたら
海外の説明がやたら詳しくてワロタ

361 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:12:29 ID:+0NNn1qi
>>353
長いよ、長すぎるよ!綱渡りがっ!!
なんつーか、日本って結構大変たんだ…(;´Д`)

歴史の勉強ってテストの為の丸暗記で大嫌いだったけど、このスレの人達が先生だったら楽しかっただろうな…(´・ω・`)

362 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:13:16 ID:451Z4kWm
>>356どうなってたかもしれないの?

363 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:16:37 ID:i14fditj
フランスとイギリスによる分割統治されてたかも

364 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:30:35 ID:5Vlpxwev
さぁ、全部読もうとするとスレストップだ。
それでも読むかい?

王 勇「ブックロード――書物による文明の伝播・変容・成熟」
2002年3月5日 (東京)農文協内での学術講演
ttp://www.ch.zju.edu.cn/rwxy/rbs/2xueshujiangyanjiwangyong3.htm

抜粋
> いつも思うことですけれども、ほんとうに不思議なのは、中国と日本との交流において一番の黄金時代は
>唐の時代、遣唐使の時代です。しかし実際に調べると、唐代に中国と交流している国で、日本ほど交流の
>とぼしい国は少ないのです。
>
> 端的にいいますと、今のアフガニスタンやイランあたり、ペルシャとアラブですね。このあたりは、多いとき
>には使節が年に数回以上も遣わされるわけです。

>私がいつも思うのは、日本との交流はこんなに少ない、平均して二十年に一回しかないのに、なぜ密接な
>文化関係を有するのかということです。朝鮮半島との使節往来はほぼ毎年です。歳貢〈さいこう〉といって、
>朝鮮半島から毎年使節を派遣しないと、逆に中国から送りこまれます。ただし中国が送りこむのは使節ではなく
>軍隊です。臣下の礼をつくさないとこちらから軍隊を送りますよという、こんな恥ずかしい時代がありましたね、
>今はもちろんないですけれども。
>
> これくらい緊密な交流がありました、毎年ですよ。だから朝鮮半島の留学生が中国に留まったまま帰らない。
>困った中国が帰らせる方法を考えて、不法滞在者や時間超過者などを調べるといっぺんに二百人くらいを
>帰国させたという時期がありました。日本人はこのように取り調べられたことはないですね。




365 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:34:44 ID:5Vlpxwev
> 遣唐使はほかの外国の使節と一緒に、中国の皇帝に一月一日、元日に朝賀の儀がありまして、それぞれが
>持参してきたみやげものを貢ぐわけです。それに対して中国の皇帝は褒美として貢ぎ物の数倍から数十倍の
>値段のものをお返しとして下賜するわけです。年に数回も中国にやってくる西域の商人使節はこれがねらいなわけですよ。

> こうして西から来た遣唐使、アラブやペルシャの遣唐使たち、遣唐使といっても商人ですが、彼らはこういうものを
>シルクを中心にもち帰るのです。
>
> 問題は日本人です。おそらく当時はアラブやペルシャの使節から馬鹿にされたと思います。中国からもらったものを
>いらない、いらないとはいわなかったのですが、それらの下賜品を全部売りさばいて換金してしまった。全部売り払って
>本を買った。唐の正史に「書籍を買って海に浮かんで還る」と書いてあります。
>
> これはショックですね。世界に類例が少ないですね。これは遣唐使が勝手にやったことではないと思います。天皇の
>命令でしょう。国家予算で中国に行かせたけど、帰るときには本を買って帰る。

>東アジア全体から見ると、中国は遣隋使時代から前近代まで日本に本を輸出しつづけました。そのときは恩恵を与えま
>したが、輸出した書籍が中国でなくなると、今度は日本から本が逆流するのですね。こういうかたちでブックロードが
>なければ、多くの本はすでに命脈を絶たれていたに違いありません。

366 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 19:48:33 ID:5Vlpxwev
シルクロードとブックロード
ttp://www.ch.zju.edu.cn/rwxy/rbs/2xueshujiangyanjiwangyong1.htm

>最後に模倣と独創に決着をつけたいと思います。紙が発明されて以来、人類はみずから蓄積してきた
>文化伝統を口承よりも、主として書物に託して後世に伝授するようになりました。漢文の書籍は前述のように
>東アジア諸国にもたらされ、中国人も日本人も朝鮮人も同じ書物を読み、そこから感化を受け、世界観・美意識・
>哲学思想・思考様式・社会道徳・生活習慣といった共通的な心象風景が精神世界に根付きます。これらの
>心象風景を具現した文化営為は、結果として類似した趣向のものを生み出してしまうのです。
>
>しかし、角度を変えてみれば、日本人は自分の心情を吐露するために漢詩を詠み、日本人の病気を治すために
>漢方薬を改良し、日本国を建設するために律令を編纂するわけで、唐人のために平城京や平安京をつくったのでも、
>また中国語を書き写すためにカタカナや平仮名を発明したのでもありません。形が唐風であっても、
>心は和風ですね。形だけが日本文化ではなく、心だけでも日本文化は成り立ちません。形と心とが刺激しあい、
>融合していくところに、日本文化の活力、日本文化の本質がわたしに見えてきます。

----------------
この部分が特に面白い。

>中国人も日本人も朝鮮人も同じ書物を読み、そこから感化を受け、

そう、同じ本を読んでいたわけだ。共通の漢字で。そこから当時の各国の人々が、それらの本から吸収した知識で
もって、自国を育んでいった。

結果中国で、王朝と民族が何度も変わって書物が散逸するなかで、日本は知の蓄積を続けていった。
同じ本を読んでいたのに、現在これほど各国が異なるというのが、上に書かれたようにまさに日本の活力、本質を
表わしている。

367 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 20:33:50 ID:C9k7tN9Z
>>358
kwsk。

>>364-366
乙。面白かった。王勇って人は中国の方だろうか。

368 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 20:55:37 ID:aBN3SUFj
>>353
但し、2000年間サイコロ振り続けて、ヤバくなる度に 6 ゾロ振って
難を逃れてたとは思えないので、日本には何か超自然の力がある
・・・と思うのは危険。

多分、「そこそこ統一の取れた大きな島国で他の文明圏から
隔絶した位置にあります」というものを作った時点で、近代以前の
輸送力だと難攻不落になる。海洋的攻め口になる玄界灘が難所だし。
故に、日本古来のお守りの賞味期限は近代に入った処で切れていて、
現在のお守りの実績は未確認。守らなきゃ滅びるべくして滅びるよ。



369 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 20:57:57 ID:WglbaI1q
>>364-366
ホームページ読んできた…メッチャ長かったよ(;´Д`)
でも面白かった!(*゚∀゚)ノシ
この王さんみたいな人が中国に多ければ良いのにね

370 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:05:28 ID:WglbaI1q
>>368
「超自然の力」より「日本人としての自覚」が外敵の進入を妨げて来たのだろ?
大航海時代以降、陸続きで無い国が簡単に欧米に陥落させられていくのを見れば地理的要因
だけでは済まないと思うな
大航海時代以前の元寇にしたって、鎌倉武士の頑張りが結果的な勝利に繋がったのだしね
歴史を見ると、その時代時代の人間の危機意識が日本存続の原動力になってるから、今の時代
以降も先祖が守り続けてきた日本を存続させるためには現日本人の自覚が必要ってワケだね

371 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:09:02 ID:zmIY9YEu
2chを開設した「ひろゆき」も後世の日本史では
汚染されていたマスコミの論調に左右されない
一大言論空間を創始し守護した偉人・・・とか
書かれてるかもしれんぞw

372 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:13:39 ID:WglbaI1q
>>371
マスゴミの凋落振りを見れば書かれてもおかしく無いなw

373 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:15:25 ID:C9k7tN9Z
>>371
特集番組で、「偉人の功罪」とか言って
ひろゆきの民事判決のシカトっぷりが紹介されそうだなw

374 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:35:40 ID:/YbQFrCJ
>>368
なんだかんだいってちゃんと守りがしっかりしていたからだよ。
元寇の時もいざってときには全国の力を結集して防いだし、
太平洋戦争の時もきっちり白人国家群に対抗するために考え得る限りの対策を取っていた。

一番問題なのは今だよ。
敵性国家が片っ端から核を持っているのに核兵器はおろか
満足のいく装備すらも持たせず、体面ばかりとりつくろっている。
先人たちが命がけで守ってきた日本の歴史が滅びるとしたら
まさに今の日本人が滅ぼすといって過言ではないだろうよ。

375 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:45:37 ID:WglbaI1q
>>374
明治以前は支配階級や知識層が危機意識を持てば良かったが、民主主義国家の現在は
国民の過半数が危機意識を持たなきゃ駄目だよね
微力でも周りの意識を変えるよう、少しずつ政治の話をしていくのが第一歩だよ

376 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:54:27 ID:zmIY9YEu
だから>>371っすよ!

377 :日出づる処の名無し :2007/12/01(土) 21:56:56 ID:b/nK/UGp
>>374
この、結集できるというところ。
ここが凄いと思います。

元軍と組んで日本を我が物にすると考えるものが
出てきてもおかしくないと思います。
それがないということは、当時から我が国という考えが
支配者の中に有ったということなのでしょうか?

378 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 21:58:08 ID:WglbaI1q
>>376
ネットしてる人口は思ってるほど多くないよ
むしろ、マスコミに影響される人(人口の大半)はネットとは縁遠い人がほとんど
…だから、2ちゃんねらー(笑)がまわりの人と政治の話をしていくことが肝心

379 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:00:27 ID:1PBe4xE0
>>378
ネットなんて、閉じこもって知らない人と喋って偏った事ばかり・・・

380 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:03:26 ID:WglbaI1q
>>377
島国と大陸の違いだね
大陸国家だと、攻められ易い反面何処へでも逃げれる
島嶼国家だと、攻められ難い反面進入されたら逃げ場が無い
…だからこそ、一定以上の外部の影響(侵略)を嫌う
大和民族としての言語・文化の均一性が外国勢力との壁(民族意識)
を無意識に設けたことが売国奴の発生を妨げたんだろうね

例外的にキリシタン大名が外患誘致しようとしたけど少数派でしたw

381 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:04:49 ID:WglbaI1q
>>379
>ネットなんて、閉じこもって知らない人と喋って偏った事ばかり・・・

自己紹介乙!

382 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:39:02 ID:1PBe4xE0
>>378>>381
東亜・極東板で常識的な知識も、ネットと遠いマスコミ信者の多い所で広めようとすれば、
おかしな子扱いされるだけだって言ってんだよバーカ!
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',       /    _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       < バーカ!バーカ!>
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |

383 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:53:52 ID:+0NNn1qi
>>382
あなた、周囲の人達に信頼されてないんですね…(´・ω・`)カワイソス

384 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:57:39 ID:C9k7tN9Z
>>382みたいなバカが正論言っても相手にされなかっただけだろw

385 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 22:58:41 ID:1PBe4xE0
エスパーかなんかのつもりか

386 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:12:19 ID:/8ngqWv6
超感覚なくてもわかるって

387 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:19:54 ID:5Vlpxwev
昔々のその昔。
古代エジプトという国がありました。古代エジプト人だけではなく、時代ごとに色々な民族(ヒッタイトや
ペルシャ)が攻め込んでは王朝を立て、最後のプトレマイオス朝はギリシャ人による支配でした。
その後、ローマがエジプトを属領とします。
さらにイスラム王朝が進出し、やがてオスマン帝国の総督によって近代エジプトの輪郭が定まって
いきます。近代エジプトは、ピラミッドを作った人々が住んでいた地域に後からやってきた人々の人種的・
精神的な末裔と言えます。

そしてローマ。都市国家から王制、帝政を経て勢力を拡大したローマ人たちは、ゲルマン人によって
西ローマ帝国を滅ぼされます。
イタリア半島に住む人々は、ローマ帝国の後継を継ごうとする神聖ローマ皇帝、ローマ教皇、東ローマ
皇帝によって統治され、東ローマ帝国もオスマン帝国によって消滅します。
時は下り、ナポレオン・ポナパルトがイタリア半島全土を掌握しては失脚し、結局イタリア王国が成立した
のは江戸時代末期と重なる1861年。
いまのイタリアはローマを含んでいますが、ローマ帝国以降の連続性を微かに残すのはローマ教皇で、
イタリアではありません。

古代中国。
もう既に長いので省きますが、有史以来たびたび王朝が変わり、モンゴル人が攻め込み、満州族が
清を立て、絶え間ない民族・人種の混合の結果である漢民族が、現在の中華人民共和国を率いています。

388 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:21:39 ID:5Vlpxwev
日本。
面倒になってきたので少しくだけて書く。
卑弥呼はちょっと雰囲気違うよな〜。いたのは確かだけど。邪馬台国からヤマトの頃は、まだ王だよね。
仁徳天皇がいたらしいけど、オオササギ王とも呼ばれる。ヤマト統一はオホド王、おおどのみこととも
呼ばれる継体天皇。まだまだ馴染みが薄い。
でも、ここからかなりはっきりした記録と存在感で、天皇家が登場してくる。

推古天皇の時代まで来れば安心だ。
でも律儀な人は701年の大宝律令のちょっと前、689年の飛鳥浄御原令で国号「日本」、天皇という号が
登場するのを待ってもいい。

さてさて。日本と天皇が法令、法律に明記され、1300余年。
色々あったね。
昭和20年に天皇が廃されなかった。昭和21年にアメリカから押しつけられたらしい日本国憲法の第1条は
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の
総意に基く」となっている。
国民が天皇陛下を日本の象徴だと思い続ける限り、そうあれかしと。
それは701年の日本との連続性を確実に証明するもの。

エジプトもイタリアも中国も、国の歴史といっても建国記念日以前の膨大な歴史は、とどのつまりエジプト
国土史、イタリア国土史、中国国土史でしかない。為政者にとっては都合のいい他人事だ。
日本の場合は建国記念日が基準にできない。

「古すぎてよく分からないけれど、建国記念日は一応「2月11日」ということで勘弁して。689年か701年から
日本みたいだけど天皇はもっと昔からいて、建国記念日決めようとした明治政府のトップが明治天皇だった
から、一番最初に遡るしかなかったんだよ。720年の日本書紀に一番最初の天皇の即位日が書いてあるから。
当時の皇太子が編纂した本なんだけどね」

……伝説から歴史を伝える証人が、今も国家と国民とともにあるって奇跡だよね。

389 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:33:02 ID:451Z4kWm
「形はアジアに似ている」ってのも、最近は変わってきていると思う。
漢字の書体もそれぞれの国が別々に変えているし、
平仮名は古い書体なら、草書体の面影があっても、
今の線の有無がはっきりし、太さもほぼ統一されたゴシック体には草書体の面影など無い。
ほとんどの製品のデザインも無国籍風だし、伝統を取り入れた建築様式も中国的な部分(入母屋作り、二、三重の梁、派手な装飾)はなくなってたりする。

390 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:36:27 ID:eRJJCzVr
>>388
米国は最古の近代国家、日本は最後の古代国家という気がするよ。
この両極端の二国が色々な意味で(人口とか軍事力は除くよ)
人類のツートップでライバルというのは何か意味がある様な気がするよ。

391 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:41:16 ID:lpaEwYn2
>>390
ラオウとケンシロウのようなもの

392 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:45:16 ID:8LNPhWvc
>日本は最後の古代国家
死亡フラグのような表現は止めてホチぃ

393 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:46:17 ID:91MQdDSd
>>388
神話の時代から続く国家が先進国の一角なのは奇跡だね
日本の存在が無ければ出来の悪い話として嘲笑されそうだw

394 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:46:45 ID:5Vlpxwev
追記。
伝説から歴史の部分。神話から歴史とも言えるけど。

ギリシャ神話の主神ゼウスが登場するトロイ戦争。そのトロイ戦争に登場する古代ギリシアの王にして
英雄アガメムノン。アガメムノンの現存する子孫……不明。

日本神話の天照大神。その神話の神を先祖とする神武天皇。
その神武天皇を初代とし、現存する子孫が今上天皇。

どう見てもありえない国です。本当にありがとうございました。

オヤスミ〜。ノシ

395 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:48:25 ID:eRJJCzVr
>>392
須磨祖。最後まで生き残る古代国家・・・う、語呂わりい。
実際、アステカとか南米の古代国家は結構新しいからな。
最後に生まれた古代国家ではない。

396 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:49:32 ID:7DPPNJO1
★とにかくわかりやすい英語字幕付きです!
★全世界に広めて下さい韓国朝鮮の真実の情けなく愚かな歴史を!

■朝鮮人が絶対に認めたがらない朝鮮人の歴史(英語字幕付き)
★韓国人であるチェ先生が朝鮮の悲惨な歴史の真実を赤裸々に語っております!
★親日派のための弁明のキムワンソプ氏を超える過激な韓国朝鮮批判!
★チャンネル桜出演時の崔基鎬(チェケイホ)先生の動画です。
★崔基鎬(チェケイホ)先生逃げて〜!!

http://jp.youtube.com/watch?v=xOguQsyK08M
http://jp.youtube.com/watch?v=AAr95eQnRCo
http://jp.youtube.com/watch?v=7iDDqOkNJRA




397 :日出づる処の名無し:2007/12/01(土) 23:51:34 ID:C9k7tN9Z
アメリカの新聞だかが日本の開国を受けて、世界一新しい国が世界一古い国を開国させたとか
書いてて、もっと古い国あるだろと違和感を感じたけど、国史と国土史の違いに気づいてなかった。
日本は最後の古代国家って言っても問題ないんだな。

398 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 00:28:08 ID:5+1/3crZ
しかし第二次大戦の後、天皇制を廃止されて「日本共和国」みたいな国に
されていたら今頃……考えるだけで恐ろしいな。

399 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 01:44:47 ID:1vf2FvlX
あらゆる人種、民族、宗教を問わない!
俺が作る国、その名は

  合 衆 国 日 本 ッ !!


・・・具体的には大東亜共栄圏のこと

400 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 02:14:55 ID:t7liSglz
合衆国日本って某アニメかw

俺は日本皇国を正式名称にして欲しい。

401 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 02:26:00 ID:acURnjuu
>>399
大東亜共栄圏は去年、やっと死語になりました。
これからは過去の歴史に登場する文言としてのみ綴られることになります。

亡霊付きの言葉で表現しなくても済む、21世紀に対応したより大きな概念を表わす言葉が生まれたから。
値千金の、新しい言霊。

「自由と繁栄の弧」ですよ。
これがどえらい発明だと気づいている人は少ないのだろうか。

402 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 02:47:19 ID:4c+7lbaU
>>400
> 合衆国日本って某アニメかw

冗談抜きで、満州はそのためのテストケースだったよ。
実態はさておき、満州国設立に動いたヤツらののなかには、マジで多民族国家=アメリカ合衆国をイメージ
していたのがいるはず。

403 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 02:50:25 ID:swUV/QYI
産業遺産群に北九州の高炉跡、長崎市の軍艦島など指定
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/ke_07120103.htm

経済産業省は30日、日本の近代化を支えた生産設備や施設などを、全国33の「産業遺産群」に
指定したと発表した。文化遺産や自然遺産に比べて注目度が低かった産業遺産の価値を再発見
してもらい、観光資源などとして活用することで、地域おこしを後押しする考えだ。

経産省が幕末から戦前までの日本の近代化を支えた産業遺産を公募したところ、全国から575の
建築物や機械などが寄せられた。それぞれ単独では歴史的な価値が伝わりにくいため、複数の産
業遺産をグループ化して「遺産群」に編成した。

九州・山口からは、近代製鉄業発展の歩みを物語る遺産群の一つとして北九州市の東田第一高炉
跡が選ばれたほか、石炭産業の発展を示す遺産群には、長崎市の端島(軍艦島)、山口県宇部市
の石炭記念館所蔵物、熊本県宇城市の三角旧港(三角西港)施設などが選定された。

404 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 02:53:18 ID:swUV/QYI
びわ湖大津館を近代化産業遺産に認定
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/shiga/071201/shg0712010317000-n1.htm

経済産業省が今年度から創設した「近代化産業遺産群」の1つに、大津市柳が崎のびわ湖大津館
(旧琵琶湖ホテル)が30日、認定された。市公園緑地課は「大津市は当初から歴史的価値を認め、
保全に努めてきた。今後もまちづくりに活用していきたい」としている。

同館は幕末から戦前にかけて日本の近代化に貢献した建造物などが対象となる「外客誘致により、
外貨獲得と近代日本の国際化を支えた観光産業遺産群」の1つとして認定。この分野では、ほかに
神奈川県箱根町の箱根富士屋ホテルや、現在愛知県犬山市に移築されている「旧帝国ホテル・ライ
ト館」など17カ所が認定されている。

同館は、外国人観光客誘致のため政府が民間に委託して建設した国際ホテルの1つで、昭和9年に
建設。皇族も多く利用するなど、県を代表するホテルとして愛用された。その後、平成10年に現琵琶
湖ホテルが同市浜大津に移転する際、大津市が買い取り、創業当初の姿に復元・改修を実施した。
現在は、会議室やコンサートホールとして一般に開放されている。

405 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 07:05:09 ID:UXTWCtPR
>>388
建国記念日は旧暦での元旦による神武天皇即位を新暦に直して固定しちまったもの
だから、これだけは旧暦に合わせて毎年変化させた方が良かったと思う。

406 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 09:15:22 ID:eUDgA/oh
>>349
おま、それリングオブレッドw。
操作性が微妙に悪かったが面白かったな。

…ただシナリオが微妙に「星の屑」と言うか「0083」なんだが…(汗)w。
とスレに沿ったレスにしようと微調整。
しかしこの世界では満蒙開拓団の中の人で満州引揚者の子孫の
私はほぼ鉄板で生まれていなかった事を考えると(しかも茨城都民だw)
今の日本は非常に絶妙なタイミングの積み重ねの上にあるんだなぁと
実感するよ。

407 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 10:37:39 ID:5+1/3crZ
>>402
満州国は確かに日本の侵略で作られた人工国家だったが、夢と理想はあった。
支那事変とその後の日米戦がなければ、今も存続していたかもしれん。
日本人の軍人や移民達が中心になって大日本帝国からの「独立戦争」とか
起こしたかもね。

408 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 10:46:52 ID:Fonnc5QF
>>347>>349>>406
実際にあった計画は、もっとヤバイような…

日本の分割統治計画
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%86%E5%89%B2%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%A8%88%E7%94%BB

409 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 10:57:38 ID:3q58zx0D
日本は現在も中韓の間接統治下に入る目前の綱渡り状態ですが何か?

410 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 13:52:44 ID:pzfSoTaJ
世界不思議発見でインドネシアの田舎が特集されたけど、日本人ってあそこから来たのかもしれないな。
屈葬や、屋根以外はそっくりな高床式住居、葬式場の寺院か神社のような色使い、似た感じにデフォルメされた石造とか共通している。

411 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:02:39 ID:uMDmN599
>>410
中国江南の少数民族と文化的には共通点が多いって話があったと思う>日本

412 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:05:56 ID:uLnBYq53
まぁ顔つきからして南からってのは当然だワナ、絶対に朝鮮からでは無い。

413 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:18:36 ID:pzfSoTaJ
>>411それは中国の影響を受けたからでしょ。
文章による記録がどこにもないとか、影響を受けてない紀元前のもっと昔の話。

414 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:32:53 ID:xA9sjsdJ
有名なRTSで、幕末〜維新あたりを再現したシナリオを
公式で出したらチート扱いされて、
メーカーが史実だと資料出して納得させた、
ってことがあったらしいね。

ゴネて無理矢理ねじ込んだ某ゲームのコリア文明(対戦使用禁止な場合が多いとか)
という前例があったから少し神経質になってたんだと思うけど

415 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:38:56 ID:pzfSoTaJ
日本って、そんなに凄いの?
紙や刀やからくり時計の質がずば抜けているとかはあるけど、
全体的に見たら、西洋には全然敵わないんじゃないか?

416 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:47:49 ID:TJ9hrvzz
明治維新のことがか?

417 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:52:40 ID:yEC7adQn
>>415
日本一国で「西洋」なんて多国籍軍と比較されても。

418 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 14:53:41 ID:PPpb+J2a
明治維新って、幕府倒したことなんかより廃藩置県を断行したことの方が
重要っていうか革命的だよな
中国は辛亥革命で清朝が勝手に崩れた時に、地方の郷紳層辺りにまで改革
できずに大失敗

419 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 15:00:19 ID:cJGD8FE+
>410,411
長江文明 安田喜憲 で検索すると面白いかも。

最近、NHKのニュースで、カンボジアと古代中国を繋ぐ遺跡が発見、
という報道があったんだが・・・世間的には注目を集めなかったけど。

http://www.tkfd.or.jp/topics/detail.php?id=10

420 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 15:12:58 ID:pzfSoTaJ
というか、紀元後に「中華文化」が一気に周辺地域に影響を与えてたってだけで、
それより遥か前に、記録が残らない程度の交流をしてたり、
漂流人や旅人が全く別の民族に、自国の文化を教えてても別におかしくないんじゃ?

421 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 16:44:01 ID:21rGBGSI
漂流人や旅人がそんなに影響与えるかな?

422 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 16:57:41 ID:ewsLbG34
>>418
そういや、プロイセンってどうやって諸侯分立状態を解消したのだろう?

423 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 17:19:21 ID:pzfSoTaJ
>>421
渡来人:これ飲んでみてよ、あの草のだし汁なんだぜ。
原住民:あんたの服あったかそうだね、作り方教えてよ。
みたいなノリが数百回もあれば。

424 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 20:52:42 ID:O7NR88/J
きょうびの中学校ですら転校生がきたら1週間は質問攻めなんだから、
大昔に土地のもんじゃないのがきたら発狂するくらい質問攻めだろうな。

425 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 20:54:03 ID:uzRDvBmq
>>423
このノリが出来れば、飴合衆国は今と比べものにならないほどの
最強国民国家だったろうなぁ。

426 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 21:04:53 ID:irK250M4
>>422
結局、ドイツも日本も産業革命の前に、旧来型の封建社会は崩壊の兆しを既に見せていたからな。
日本の場合、武士階級はその格式と体面を守る為に出費される固定費用は緩やかに続いた経済成長と
貨幣経済の発達により、益々重くのしかかってしまっていた。
だから武士階級全体(大名から下級武士)は疲弊しきってしまっていた訳。

武士の家計簿って本があるけど、商人から借金してもうどうにも首が回らないのに、収入は常に一定のまま。
内職やら家族総出で行う訳だけど、所詮多寡が知れている。
時候の挨拶や祝儀、葬式など武士の体面を守る為に馬鹿みたいに金が出て行く。

もう、誇りの為だけに武士やっているって感じだったからなw だから黒船来寇とその後続く明治維新で、
士族の連中は、逆にチャンスと捉え、新政府の官僚になったり、近代軍隊に採用されたりと積極的に
動いたって訳さ。 大名家も苦しい財政をやり繰りし、下手な真似をするなら、いつ幕府の命で御取り潰しに
なるやも知れず大勢の藩士や藩経営から解放されて、華族と扱われ逆に救われたと考えただろうよ。


427 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 21:56:28 ID:ZqXWdyCy
司馬遼太郎がそのこと書いてたな<大名の維新による解放
日本のサヨクがあえて無視している事実に、日本の封建社会には
農奴制が無かったというものがあるしな

428 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 21:57:28 ID:i1o4AuIh
イタリアはまだ統一が十分達成されていないいないように思える。

429 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:03:50 ID:pzfSoTaJ
江戸時代は庶民文化が発達してたのが良いところだけど、
だからといって、上の階級が苦しむのはよくないよね。

430 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:08:18 ID:SZNfUQv+
日本の実体が古代の神権国家というのは、その通りだと思う。

伊勢神宮では、今も登呂遺跡で発掘された道具と同じものを使って
火を起こし、調理した神饌を弥生式土器に盛って神に捧げる。

伊勢神宮の神(アマテラス)の子孫である天皇は、世界最大のメガロポリスの
ど真ん中で、毎年亀の甲羅を焼いて米の豊作を占う。

アマテラスのために日本の国土を国譲りさせたタケミカヅチは鹿島に祀られ、
タケミカヅチに仕えた神官の子孫の藤原氏は、東京裁判直前に近衛文麿が
自殺する時まで、皇室と密接な関係にあった。

鹿島は古代の鉄の産地であり、恐らく日本刀発祥の地であり、
21世紀の現在も巨大な製鉄コンビナートがある。

鹿島のある常陸(ひたち)で創業した日立製鉄は、アマテラスに国譲りをした
出雲に進出し、古代出雲王国の鉄の産地だった安来に製鉄コンビナートを
作った。しかもこの製鉄所では、21世紀の今日でもわずかながら、
日本刀のために古代そのままのタタラ製鉄で玉鋼を生産しているのだ。



431 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:10:47 ID:C9tlRzUH
イタリアは東京モンと大阪モン以上に地域の張り合いが強いからな

432 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:15:34 ID:od6PLfbM
>毎年亀の甲羅を焼いて
マジで焼いてるのか?火傷しなけりゃいいけど。

433 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:26:38 ID:T3+t6u9X
>431
まあ、あの地域はもともと一都市=一国家な所だったしな。

434 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:40:21 ID:pzfSoTaJ
>>432それが務めなので、いくら天皇といえど怪我をしても仕方がない。

435 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:46:52 ID:2R1r9YQb
単なる南北問題のことじゃね?伊半島

436 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 22:52:06 ID:j1Anpk83
>>408
(´;ω;`)コワイコワイヒー

437 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 23:07:56 ID:yHc6M68y
>>424
イザベラ・バードによれば、宿に泊まった折に野次馬が凄かったらしい。
礼儀は守っているんだが、一挙手一投足が注目されて、笑いがおこったり
それはにぎやかだったそうだ。
ただまぁ、ビクトリア朝のイギリス人から見ても、不躾ではあるがそう嫌な感じではなかったようだ。

438 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 23:22:53 ID:irK250M4
>>431
北部イタリアと南部とでは、髪の毛の色からして偏りがある。
てか北部イタリアは、南部の連中をアフリカ人並に見てたりするしw
歴史的に見ても、構成母体となった民族は各々違う。 まあ、同じイタリア語を喋るようにはなっていったけどさ。
ローマ帝国の時代から、都市の独自性が強く、ローマはその盟主、って感じだったし。
半島国家はどうにも纏まりがないのが特色かもw

439 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 23:31:37 ID:SZNfUQv+
別に天皇が自分で焼くわけじゃないだろ
係の人(陰陽師みたいなの)が焼くだよ

440 :日出づる処の名無し:2007/12/02(日) 23:49:21 ID:ZqXWdyCy
ちなみに国家公務員な

441 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 00:27:19 ID:q1ZlfjH7
日本と西洋全体を比べられてもなぁとか言っても実際には比べられるんだから凄いな。
なんせヨーロッパ全部をひっくるめなきゃ日本一国の経済力、技術力、軍事力、文化力と比較にならんのだし。

もしアメリカが存在しなければ、西洋人は日本という国の存在に畏怖して夜も眠れない日々が続くだろうな。

442 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 00:39:34 ID:ddYU0Lde
そして、人口だけなら中国が存在し、日本の影響下で
アジア諸国が勃興している・・・・
黄禍論が席巻したのもむべなるかな

(自分たちの権益と安定を脅かす勢力に対してでないとこういう考え方は出ない
 アフリカなんぞを欧州は脅威と見てないし)

443 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 00:47:30 ID:LDZO5dek
とうの日本は中国とは切り離して考えて貰いたいけど、
切ってくれないからそれならいっそ、
と大東亜共栄圏なんてモノブチ上げたら米国にフルぼっこされた。

ということ?

開国後の日本が中国に期待したのは
露西亜に対する盾としての役割ぐらい?

444 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:01:00 ID:AO1/Mzmf
日本て教育者としては超優秀(おそらく世界一)だから
日本に中国を任せていれば、うまく調教できてたと
思うんだけどねえ。
満州国は日本が統治している間だけは
凄く治安が良かったみたいだし。

今みたいな環境破壊しまくり、軍備拡大しまくり
移民しまくり、犯罪しまくりの中国と
日本に躾けられて、そこそこおとなしい中国だったら
後者と共存するほうが、欧米にとっても美味しかっただろうに。

445 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:09:50 ID:ddYU0Lde
そうなってたら「拡大した大日本帝国」が超大国として
世界の覇権を競っていたぞ。
しかも、中枢が伝統と歴史による皇室というものがあるから
現在の中共よりもやっかいだと思う。

でも、鎖国して日本人だけでよろしくやってたのを
無理やり開国させたのはアメリカなんだよな。
・・・で、その72年後に機動艦隊を自前で造り上げて
攻めてきたと。
当時のアメリカ軍人はさぞかし自分の先達を呪ったことであろう
「あんな奴らの封印を解きやがって!」

446 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:15:44 ID:AO1/Mzmf
>>445
身びいきかもしれないが、アメリカ、ロシア、中国よりも
日本が覇権を握ったほうが
よっぽどマシな世界になっていた気がしてならない。

447 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:22:08 ID:3hjyycRL
>>443
当時の日本の知識層はみな漢文の素養によって成り立っていたわけだから
シナ文化に対する敬慕は強かった。だからこそアヘン戦争の衝撃が大きかった。
あくまで日本とシナ(と朝鮮w)とが手をとって西洋列強に対抗したかったんだよ。
満洲国はもちろん、シナ事変だってあくまで本来の目的はシナ人に立ち上がってもらいたいが故の
日本人のおせっかいとしての介入が泥沼化したわけで(そりゃそうだ、シナ人にとっては余計なお世話なんだから)。

>>444
植民地とはそういうものではない。
地球最後の植民地として、たかが極東の劣等国日本に
シナの権益を奪われてなるものかという考えが(特にアメリカに)強かった。
シナ人に自治させようとか日本に任せようとかそんな考えは論外だったろうよ。
今でも白人連中の根底にはその考えが残ってるだろう。

448 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:24:26 ID:AO1/Mzmf
>>447
アメリカ共和党は日本に任せよう派だったみたいだよ。
ソースは「暗黒大陸中国の真実」。

449 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:57:34 ID:LDZO5dek
>>448
現在をみるかぎり、

面倒臭い中華民族の管理はお節介な太平洋の西端の島国に任せて
美味しいところだけをつまみ食い♪

ってのが欧米にとっての一番楽で割のいい選択だったのかもねぇ。

450 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 01:58:30 ID:3hjyycRL
>>448
うん、読んだよ。
日本が結局ハリマンの提案を蹴ったのは、やっぱり東洋のことは東洋人の手でやりたかったんだと思う。
たとえそれが得策だったと知っていても。
しかし多少なりともアメリカの権益を認めていればアメリカがあれほど日本に対して苛烈にならなかったかもしれない。

その後日本人移民排斥法が可決されてしまい、日本の世論も一気に反米に傾いていってしまう。
昭和天皇もそれが大東亜戦争の遠因だったと喝破されているね。

451 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 02:43:57 ID:oEK/SAcL
>>444
朝鮮を思い出せよ
人間じゃない相手を教育するなんて無理だったろ?

452 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 08:44:39 ID:vZ/7RP/4
明治維新から日本はアジア圏内で一緒に近代化に取り組む友好国を渇望していたのに、支那は中華思想で聞く耳もたず、
朝鮮は内部抗争ばかりで併合。
結局、自ら作り出した満州国成立まで待つしかなかったんだよな。

453 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 09:26:42 ID:TIOJHhEJ
「上海の女性が日本へ嫁いだが夫が貧乏人だと知り実家に逃げ帰る
http://chinabbs.seesaa.net/article/67056858.html

裁判で、王さんは数多くの証拠を提出し、袁さんと穴三が
知り合い、結婚するまで、騙したこともなければ、恐喝
したこともないことを説明しました。弁護士は、袁さんが
結婚を放棄し帰国した本当の意図は自分が『金持ち坊ちゃん』
に嫁いだものと勘違いし、そのご夫が普通の会社員である
ことに気づいたためだとした。弁護士は更に多くの写真を
提出し、結婚後に穴三は袁さんからの家庭内暴力を受けていて、
この国際結婚の被害者は穴三だとした。

「その女は相手がよくわかってない状況で日本人に嫁いだ
その動機に問題があるんじゃない?」

「金目当てに決まってんじゃん。かわいそうなクソ日本人!!」

「自業自得。。。」

「どうなんだろうね」

「自業自得。。。」

「自業自得。。。」

「そのクソ日本人はアタマにきてんだろうね。」

------------------------------------------

454 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 13:35:54 ID:YdzElAl1
ブータンみたいに伝統を異常に重んじたり、急速な変化を望まなかったりして、近代化反対してたならともかく、
結局今の中国は欧米化&伝統文化弾圧してるし。

455 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 18:44:25 ID:22buDghK
>>430
そういうつながりがあったのか!
15〜6年前、いきなり笠間市に出雲大社の分社が出来て、
太陽の沈む国(出雲)から太陽の昇る国(常陸)までは
直線でつながりどうのこうのとかいう由来話はぼんやり聞いたんだが、
それにしても、何故に出雲大社? 何で茨城? とずっと疑問だったんだよ。
行ってみれば壮麗な社がどっしり建ってるし、やべえ出雲大社マジなんだーと
さらに謎が深まるばかりだった。表に出ない理由もまだ色々ありそうだな。

ちなみに笠間は日本三大稲荷の笠間稲荷があったりする場所なんだが、
地元のそっち関係の人は「いやあ、でっかい神様が来てくれてにぎやかになるなあ!」
くらいのことで友好的にお付き合いしていると聞いた。やっぱ日本の神様はいいなあ。

456 :日出づる処の名無し:2007/12/03(月) 19:09:37 ID:u0R+4PJa
茨城と出雲って鉄の産地という以外にも不思議なつながりがあるよね
物部氏や1つ目1本足の神の存在、地名も鹿島・玉造・佐太など共通のが
固まってるし

茨城っていまいちパッとしない県だけど古代神話的にミステリーがいろいろある
江戸時代にUFOが漂着したり

148 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)